まだまだ慣れないドイツ、自転車の交通ルール。警察に注意を受ける。

 

 

8月11日(金)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温17℃、最低15℃。

雨 時々 曇り。

 

 

スポンサーリンク



 

 

お天気が悪かったけど、仕事で必要な物があると言うので街までオットと買い物へ。

バスやトラム(路面電車)を乗り継ぐよりも、時間が自由なので雨でも自転車(笑)

 

大きな道路沿いを街までいくので、自転車道がはっきりとわかるので問題ない。

 

↓こんな感じになっている。

2017 ドイツ 風景

(この写真は当日の物ではない)

 

右側通行に未だに慣れなくて・・・

写真も逆から撮ってしまった(苦笑)

右側通行だから赤い矢印の方へ自転車は進まなくてはならない。

 

あ、この「進まなくてはならない」っていうのも、実は時々ルールが分からなかったりするのよね。

右側通行で走らないと罰金という話も聞いた事があるけど、

実際には逆からも自転車が走って来る事も多いのよ・・・。

 

それに自転車の走るところ自転車専用道路がなかったら、ルールでは車道を走る。

でも、時々やけに車道が狭くて、歩道が広かったりして

挙句に標識が見つからなかったりで・・・

 

悩む。

どこ走ったらいいんだ??ってね。

で、

買い物の帰りにそんな道に出くわして

おばさんは車が一台しか通れない道を、車に後ろから押されてる感じになりながらも

えっちらこっちら自転車を漕いでいた。

オットは車の邪魔になるからと、広い歩道を走っていた。

 

そしたら~~~

通りかかったパトカーの窓から、オットが何やら言われとる~ひぇ~~!

 

とうとう捕まったか?

罰金か?

心配したけど、今回は注意だけで済んだ。

 

びっくりしたな~もう~(汗)

 

違反していたら本当に警察に声かけられるんだ・・・と知った。(苦笑)

 

今まで、逆走したら罰金!ライトが点いていなかったら罰金!なんて事を

自転車のパンクを直す時に検索したら出ていて

ほんとかな?と半信半疑だった。←素直に信じよう(笑)

 

でも、ボンビーなので罰金は痛いから、決まりを守っているけど。

まだ全てを正しく把握していない・・・残念。

 

オット、注意を受けてちょっとへこんだようだ。

 

家に帰ってから少し標識の勉強をしたけど・・・

やっぱり分からないことが出てくる。

 

例えば、

一方通行の道で、進入禁止の標識があるところから

自転車もその道には入ってはいけないのだろうか???

 

因みに、ドイツでは踏切で一時停止しないんだよ~

最初びっくりした(笑)

 

まだまだ、学ばなければいけないことが色々あるある~~~!

 

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

Pocket