ドイツ、スーパーでPfandシステム(デポジット)で返金すると・・・。

スポンサーリンク




 

 

 

11月7日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温8℃、最低3℃。

晴れ 時々 曇り。

 

天気予報の最高気温が10℃を切ったよ・・・。

 

でも、晴れていれば自転車で買い物へ行く時はまだ暑く感じる。

 

さて、今日は買い物の時に空のペットボトルを持って行った。

 

 

↓自転車にくくりつけて、こんな感じ(笑)

2017 ドイツ その他

ドイツではペットボトルや瓶、缶にPfandのマークが付いていると、商品代に25セント上乗せされる。

ペットボトルや瓶、缶を返却すると25セント戻ってくるシステムをPfand(デポジット)と言うそうな。

なので、飲み物を買う時に商品価格にはPfand分が含まれていないから会計の時に「えー、書いてあった金額よりも高い(涙)」なんてならないように注意。

来たばかりの時はよくやったの(笑)

 

 

で、

今回はペットボトルが28本(7ユーロ分)をえちゃこら運んで来たおばさん。

 

スーパーの機械へ向かった。

 

 

↓見ての通り、穴にペットボトル等を入れていく。

2017 ドイツ その他

町のスーパーは機械だけど、家の近くの田舎の小さなスーパーは裏口に下がった鈴をガラガラ鳴らして人を呼び、数えてもらって紙にいくらって書いてもらいレジへ持って行くというアナログな方法。

親切な人にあたるといいけど・・・う~ん・・・日本と違ってなかなかそうもいかなくて

機械の方がいいかな(笑)

 

 

 

↓全て入れ終わるとボタンを押して会計。

2017 ドイツ その他

レシートが出て来るから、それをレジに出すとその金額が買い物から引かれる。

もちろん現金にも替えられる。

 

 

 

↓レシートが出て来た・・・けど・・・

2017 ドイツ その他

7ユーロのはずが・・・

25セント、足らんがな~~~~!

 

そう言えば、途中で赤いランプが1回点いたけど・・・

でもペットボトルは戻ってこなかったし、続けて出来たし・・・

 

大丈夫かと思ったけど、ダメだったのかぁぁぁぁ。

 

そうなの、この機械は残念ながらよく壊れるのだよ。

その度スーパーの人を呼ばなくちゃいけなくて・・・。

詰まったりした時は大きな音と黄色のランプが回るからスーパーの人が来るまで待たなくてはならない。

 

アナログの方は壊れるって事ないし、間違ってたらその場で言えるからそっちの方がいいのか?

 

今回の場合は25セント足りない事を説明できないから諦める。

スーパーの人を呼ぶのも面倒くさいし時間がかかる。

 

往復に時間がかかるからね~

早く買い物して帰らないと~!

 

お金を大切に思っていない訳ではないの。

25セントも大事。

でも、この国では25セントにこだわっていたら生きていけないんだわ。。。

色々ともっとすごい事があり過ぎて(苦笑)

 

最近はこういう事があると、おみくじで凶を引いたと思うことにしている。

嫌な事って続けて起きたりするから、身を引き締めるのじゃ!ってね(笑)

 

実際、今日のスーパーはイマイチだった。

レジに優しいメンバーがひとりもいなくて・・・

仕方なく並んだところが大外れ。

おみくじ、当たり~~♪

 

会計の時にPfandのレシートを出し忘れちゃうことがよくあるんだけど、優しいお姉さんはいつも「Pfandのレシート持ってる?」って聞いてくれるのよ~それも眩しい笑顔で。

 

そんな時は、1日が気持ち良く過ごせるのだ~♪

笑顔はいいね。

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

 

スポンサーリンク



 

 

Pocket