ドイツ、下痢のオットが日本語OKな病院で・・・。

 

8月25日

今日は予定通り病院へ行って来た。

 

スポンサーリンク




 

 

 

エコー検査があるから朝食抜きでと言われていたから食べると下痢のオットにはちょうど良かったかな。

2日間ろくに食べていないし朝食抜きでふらふら~それでも熱は下がっていたから何とか病院へ行く気になったみたい。

オットの病気の事が気になっていたから書いてなかったけど・・・ここ数日30度越えの夏日になっている。

今年は夏が無いのか?もう秋か?と思うほど涼しかったし寒く感じる日もあったりしていたのに。。。

朝から20度超えている~日本ではもっと大変な暑さになっているみたいだけど・・・

行きのバスの中・・・冷房なしで暑い~!

隣に座っていたオットが「何か臭いし、気持ち悪い・・・」っと!

でも、席の近くにゴミ箱があったからダメだったらそこに・・・って言ったので気が気でなかった。

吐くな~がんばれ~と心の中で祈った。なぜなら、pororiおばさんは吐いている人がいるとモライ○ロをしてしまうから・・・なさけなや~~

早く駅に着け~と思っていたのに工事渋滞、10分の遅れ・・・

何とかオットは吐かずに済んで電車にも間に合った・・・が・・・しかし

途中で車内アナウンス・・・英語のアナウンスが無かったので2人ともよく解らず・・・

ある駅に止まったらみんな下りて移動し始めた・・・これは同じ行動をした方がいいようだと訳が解らないまま違う電車に乗った。

こちらではこんな事はよくある。みんな慣れている。

電車も予定の時間を遅れて目的の駅に着いた・・・何回も言うが電車が遅れる事は本当によくある~!

時間通りに来たらラッキーな方(笑)

 

 

さてさて、何とか無事に病院にたどり着き検査結果と診察へ

診察前にオットに下痢もしてるし物凄く体調が悪い事をきちんと伝えてね~とお願いする。

おいおい、大人だよね?そんなこと奥さん言われるなんて・・・

そう思うよね・・・でも・・・大丈夫です!といつも言うオット。。。

大丈夫な時もあるけど・・・ダメな事もある。

 

 

診察を終えたオット・・・「何でもないらしい。」と。

え? 熱は?下痢は?吐き気は?寒気は?ふらふらなのは?・・・

それでも何でもないの?薬も無し?あらま・・・

 

ここの病院は受付と看護師さんに日本人がいるので日本語OK~本当に助かるし日本語が話せるので何だか癒される。質問してもいつも親切に教えてくれる。

少し納得がいかないpororiおばさんは看護師さんに聞いてみた。2日間殆ど食べていないし、下痢をしていて体力が無いうえに明日から仕事なんですけど~大丈夫でしょうか?

すぐにパソコンでオットの診察内容を確認してくれて「もう一度先生に聞いて見ますね。」と言ってくれたが・・・オット「いやいや、本当に大丈夫です。」と。

看護師さんオットとpororiおばさんの間に挟まれ困り顔~

とりあえず、下痢の時に飲食して良いものと悪いものを聞いた。

オットが果物なら食べられると言うと、バナナはいいけどその他は余計下痢になりやすいと。

そして、飲み物でコーラがいいと言う事~初耳~~!

この国の人達はよくそう言いますよ~是非飲んでみてくださいって。

なんだか面白い~

っていうか、この国の人達は普段からやたらとコーラを飲む。水と同じくらいの量のコーラを買っているのをよく見かけるからね。

 

オットが大丈夫だというのでお礼を言って帰った。

何でもないんだって。

 

因みに今回も健康保険内と言う事で支払いは有りません。

点滴は有料だったのかな?聞き忘れたな・・・

海外では、支払いにビクビクしながら病院へ行く~

 

何でもなくてホッとした。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

Pocket