乗馬(馬術)の大会を初めてドイツで見た!

 

3月26日(日)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温15℃、最低6℃。

晴れ。

 

今日からサマータイムが始まった。

と言っても、すっかり忘れていて・・・

夕べ寝る前にオットに「時計合わせないとダメだよ~。」と言われて気がついたのだ(汗)

危ない危ない、寝坊するところ(笑)

 

何だかまだこの夏時間、冬時間というのに慣れない・・・。

今日は1時間いつもより早くなったので、

昨日まで5時半に起きていた同じ時間が、今日からは4時半になる。

あ~、何だか変だ(笑)

でも、今日だけは睡眠時間が1時間短くなってしまった事はわかる・・・。

そして、日本との時差が8時間から7時間になった。

ややこしや~~~(汗)

 
スポンサーリンク




 

今週の金、土、日曜日に家の近くで乗馬の大会があり

オットの会社のオーナー達が参加しているのでおばさんも応援に行った。

応援といっても・・・初めて見るわけで・・・

ルールなど何が何だか全くわからないのだ~(笑)

 

乗馬といっても障害を飛ぶものと、人馬一体になって言われた通りにスッテップを踏んだり

走ったりするものが有るらしい。

乗馬というのか・・・

あ、馬術と言った方がいいのかも(笑)

 

どのように操作するのか分からないけど、言われた通り馬が動く。

スキップもするんだよ~!

それも3歩したら足をかえたりして!

どうやってここまで教え込むのだろうか?

凄い技術だと思った。

 

わんこに色々教えるのにもかなり時間が掛かるからね~(笑)

 

残念ながらオーナー達は良い成績ではなかったみたい。。。

それでも初めて見たけど、かっこよかった!

自分が出ているわけでもないのにドキドキした~(笑)

 

写真は表彰式の様子。

ドイツ 乗馬 大会 

 

大会も面白かったのだけど、周りの人を観察するのも面白かった♪

 

乗馬を習っている子供たちも沢山来ていた。

こんな小さい時からやっているのか・・・と思った。

日本だとお金に余裕がないと出来ないイメージがあるけど・・・

ドイツではどうなのだろうか?

兎に角日本とは比べ物にならないくらいドイツには馬が沢山いるような気がする(笑)

 

その子供達が会場でアナウンス、選手の会場への出入り口のドアの開閉や

会場の整備など仕事をしている姿があり驚いた。

小学生くらいの子がマイクを持って自分の仕事を独りでこなす。

子供に仕事を任せる社会。

おばさんは子供がいないので、今の日本がどうなっているのか分からないが・・・

自分が育った社会とは違うような気がする。

 

こんな様子を見ながら・・・

ドイツの子供達が自分の意見を常に持ち、自立というのか・・・

しっかりしているというのか・・・大人顔負けというのか・・・

そう感じるのは、普段の生活習慣の違いからなんだなぁ~と思った。

 

いや、感心している場合ではない~!

ボケーっと日本で育ってしまったので

この歳になって海外に飛出し

自分の能力の無さとか、それこそ自立がしっかり出来ていない事に呆れている・・・とほほ。

 

自分の意見も持っていないで、

ヘラヘラ笑っているだけの日本人と言われないように気をつけなければ~~~(笑)

 

 

今日も一日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭で踏ん張れます!

 

 

スポンサーリンク



Pocket