ドイツで仕事始めたけど・・・。

 

2月16日(木)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温12℃、最低6℃。

 

曇り時々晴れ。暖かな1日♪

 

火、水と窓掃除をしてすっかり全身筋肉痛(泣)

ソファーに座るのにも「イタタタタ」と声が~(笑)
スポンサーリンク



 

 

 

でも、ゆっくりはしていられない。

今日は掃除の仕事へ行った。

通常の仕事だけでもガンガンやって4時間があっという間。

それに加えて、その日にやって貰いたい事を奥さんがメモに書いてある。

筆記体な上にまだ分からない単語が多いので、旦那さんが一緒に確認してくれる。

アイロンがけ・・・アイロンの調子がイマイチで思ったよりも時間が掛かってしまった・・・げげげ~

1時間オーバー!!

再び最後にメモの確認を2人でした。

「これもやった、あれもやった、はい、全てOKですね。」と旦那さんは確かに言った。

そして、いつも帰る時に1日分のお金が支払われるのだが・・・

その日は「奥さんからお金を預かるのを忘れたので来週払います。」と言うのだ・・・。

むむむ。

日本円で数千円・・・立て替える事も出来るだろう・・・??

何だかやな感じ。

お給料未払いの職場を思い出す・・・。

まだ試用期間中で本格的に契約をしているわけではない。

何だかねぇ~この国は。

来週仕事に行ったら、「お金は払ったじゃない。」なんて言われたらどうしよう。

びっくりぽんだ。

そんな可能性も無きにしろ非ず・・・怖っ!

来週、払われなかったらどうしようかな。

日本人は大人しくて何も言わないと思っているかもしれない。

でも、そうなったら納得がいかないので

おばさんは言いますよ~~~!

「お金下さい!!」と。

 

何だかモヤモヤしながら帰宅。

が!

掃除中に地下室の棚の下から大きなガラスの破片が出て来たので

キッチンのテーブルの上に置いた事を思い出した。

忘れないようにメモの上に置いたのに、帰りには無かったのだ。

旦那さんが片づけたに違いない。

何も訊かずに?

このままではすっきりしないので、上手く話せないけど教えてもらっていた電話番号に掛けてみたら

その携帯は奥さんのだった(汗)

「どうしたの?」と訊かれたので説明しようとしたが

へっぽこ携帯電波が悪くてすぐに切れてしまった(泣)

 

仕方が無いので自転車でまた彼女達の家へ行き、

ガラスの破片をテーブルに置いた話を旦那さんにしたら

「何か壊したんでしょ?」と言われた!!

ぎぃぇ~~~~!! なんてこったい!!

何も言わないでそう思っていたのか・・・危ない危ない。

「Nein! Nein!」 違う!違う!と反論。

地下室の棚の下にあったことを説明すると・・・

「私達が引っ越して来た時に地下で電気の傘?を割った。」と言った。

はぁ・・・言いに来てよかったよ・・・まったく。。。

この事はきちんと奥さんに伝えるのだろうか?と不安がよぎる。

言葉が伝わらないだけでも大変なのに・・・疲れるよ。

これは相手も一緒か(爆笑)

 

 

もう腹ペコ、ふらふら~

再び家に戻りやっと昼食と思ったら・・・

玄関のチャイムが鳴った。

出てみるとお隣さんで、手を怪我したらしい。

ゆっくり話してもらうと・・・

手を火傷したそうで、右手がパンパンに腫れていて

3本の指には痛々しい傷があった。

で、手が痛いので掃除をお願いしたいとの事。

掃除とは・・・

ここの社宅の玄関ホール、階段や地下室を一週間交代で住人が掃除することになっているのだ。

そして今週はお隣さんの番。

手が痛くて出来ないから明日掃除をしてほしいと。

「いいですよ~!」と答えると

「お金を払うから。」と言われてびっくり!

え?えぇ~~~?

その掃除って代わってもらうのにお金を払わなければいけないの~~?

まだまだよく分からないドイツ社会。。。

お金は要らないと言ったけど・・・これは日本的な感覚で

こっちだったら後々貰っておく方がいいのかな・・・。

あ~わからん。

お隣さん、そんなひどい手でも仕事には行っているのだ。。。

 

 

そんなこんなでやっと3時過ぎに昼食にありつけた♪

 

バタバタした1日が終わるかと思われた夜の8時頃。

持ち帰った奥さんのメモを読んでいたオットが

「リビングにあるカーテンに折り目をきちんとつけてアイロンをかける事。」って書いてあるけどやったの?とおばさんに訊いた。

はぁ~?

なんですと?

リビングにカーテンは確かにあった。

しか~し!

旦那さんはカーテンの事は朝から帰る時まで1回も口にしなかった~!!

へ?

一体、どういう事だ?

何の為に・・・。

 

いい人だと思っていたけど・・・

本当のところはどうなんだ?

 

オットにいつもと違う物があったりしたらその都度確認するようにと、

メモを読めなくて相手に任せておかないで、自分も読みながら

解らない単語もその都度確認する事!と注意された。

 

少しだけ働いただけで、ドイツで言葉が不自由な状態で仕事をする事がどれだけ大変なのかが本当に分かった。

今まではオットの事も大変だとは思っていたけど・・・

思っている以上に厳しい実情なんだと反省&感謝。

 

海外で働いている人のブログを読んでも

いつも凄いな~と思う事が多いものね。

みんな本当にがんばっているね。

 

はてさて、これからどうなるやら。。。

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~とても励みになります!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

Pocket