ドイツ、日本と比べると手術後の入院期間が短い気がする。

スポンサーリンク




 

 

 

2月1日(木)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温5℃、最低2℃。

朝方晴れ  のち 曇り お昼前から雨。

 

そういえば、先週の月曜日に3日間の検査の為入院し、木曜日には手術となってしまったオットの仕事の相棒Jさんが昨日退院して来たのだ。

何も聞いていなかったから驚く。

オットの休みの日が来たらお見舞いに行く予定だったし。

 

日本の感覚だと術後、家での生活に心配がないくらいまで入院してそれから退院するような気がしたが・・・。

だから退院となると「おめでとう!」と言えるが

 

こちらは早すぎて「おめでとう!」よりも「だいじょうぶ?」な感じ。

 

 

病気の内容も手術もそう簡単なものではないはず。

 

それなのに手術して1週間で退院とは。。。

 

 

今まで、ドイツ在住の人のブログでも出産後1日で退院とか、帝王切開でも5日で退院とか・・・やはり病気で手術して1週間で退院なんていうのを読んでいて「はぁ?ほんとかいな?」と思っていたっが・・・

 

その情報は本当だったようだ。

 

 

昨日の退院は彼女が一緒だった。

そして職場の上司Kさんも色々と手伝っているようで、英語での会話だから詳しくは分からないけど後のことを頼んでいるのだろう。

 

そう、Jさんは親も兄弟も近くにいないから退院して来てもひとり。

そんな環境にも拘らず1週間の入院とは・・・

厳しいものがある。

 

日本人とは身体が違うのか?

風邪の時でも薬を飲まず治癒力に頼るドイツ。

身体が大きいだけあって治癒力もあるのか???

 

 

身体は辛そうだけど、話は出来る。

ベランダで好きな煙草も吸っている。

 

兎に角ゆっくり休んで早く元気になって欲しい。

オットが待ってるよ~♪

 

あ、話した時(片言ドイツ語)最後に「Gute Besserung! おだいじに!」というの忘れた~!

ありゃりゃ・・・ドイツ語はまだまだだな・・・(涙)

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

Pocket