え?病気なの?つづき~。

10月3日(木)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温11℃、最低5℃。

曇り時々晴れ。

 

この時期花屋さんに並ぶ素敵なオーナメント。

ドイツ お墓参り オーナメント お花屋さん

去年初めて見た時はクリスマス用かな~素敵だなって、住まいが決まったら買おうかと思ったのだけど・・・住まいは決まらなかった・・・(笑)

実はこれお墓参り用のオーナメントなのだ~♪

Grabstrauss(グラープシュトラウス)=お墓の花束

ドイツでは11月はお墓参りの月なんだって。

詳しくはこちらで→

 

 

 

 

さて、昨日は途中で終わりすみません(汗)

ここからは昨日の続きになるのでまだ読んでいない人はこちらからどうぞ~~

 

家に帰ってオットに話したら驚いていた。

そして何でひとりで会いに行ったの?と、これまた驚いていた。

何でって・・・思い立ったから・・・

このころ次から次へと問題が起こり大変にも拘らず言葉が出来ないのでおばさんにはどうする事も出来ず・・・その上オットの体調も悪く・・・

おばさんは少し精神を病んでいたような気がする。

専門家ではないから表現が難しいけど、心が壊れる?とでも言うのか・・・

原因があって身体に異変(不調)が現れる感じ。

例えば・・・身体の奥がざわざわして来て・・・すると上手く呼吸が出来なくなるとか。

驚いたよ~こんな事って起こるんだね。

普段からある意味マイペースなのでストレスをあまり感じない性格なんだけど・・・

ひとつの特殊な原因があるとそこから自分でも気が付かないうちに少しづつ壊れていくもんなんだね~。

気が付かないといっても呼吸が上手く出来なくなるんだからアホなおばさんでもこりゃおかしいと気が付いた(笑)

娘たちの事を考えると壊れたらあかん!と必死にグーグル先生に頼ってみたよ。

答えは一人で抱え込まない事と原因を取り除く事だった。

抱え込まない=吐き出す。

吐き出せるところへSOSを送ったよ~たしゅけて~壊れる~~~~。

吐き出したら少し楽になる♪ 受け止めてくれてありがとう。ほんと感謝しかない。

もう一つの原因を取り除くは・・・はっきり言って難しいよ~。

そんな簡単に取り除けるのならここまで追い詰められることはないんだからね。だよね?

原因を取り除くには究極の選択みたいになっちゃうわけよ・・・むむむ。

 

もうね、アホアホおばさんには考えてもわからん~この原因をどうにかしないと壊れるし娘たちが大変な事になるのなら当たるしかない。

当たって砕けたら仕方ない・・・そしたらその時考えようと思って。

結果は・・・まあ、難しい問題だから取り除くことは出来ないけど・・・半分くらい改善されたので何とか今がある(笑)

スポンサーリンク



だいぶ逸れたけど・・・話を戻すと

壊れかけていたおばさんは話したかったのよ、誰かと日本語で。

だからHさんのところへ行ったんだよきっと。←他人事のよう(笑)

そこでまさかのHさんが病気かも・・・を知って壊れかけていたおばさんは何とも言えない気持ちになった。

 

お隣さんが書いてくれたメモには

「Hさんは手紙も読まない。家から出ない・・・」と書かれていた。

玄関前の椅子に手紙が山積みになっていたのはそういう理由か・・・。

 

この日の夜にオットとHさんを紹介してくれたコンサルタントの人に相談をしてみたら・・・

それこそ、えぇー!と驚いていた。

で、次にはオットと同じになぜ会いに行ったのですか?と訊かれた・・・(汗)

色々と問題を抱えている我々に向かって彼は言った。

「こう言ってはなんですが・・・」と慎重に言葉を選びながら

「これから良くなりたいと思っているのなら・・・なるべく良くなっている人達とお付き合いすることをお勧めます。残酷な言い方かもしれないですが・・・悪くなっている人と関わっていたら良くはなれません。」と。

言いたい事はわかるが・・・

オットが「でも・・・Hさんの為に我々が何かできれば・・・」と言ったら

彼は 「はっきり言いますが、あなた達は今とても大変な状況の中にいてこれからどうなるかもわからないのです。残念ながら人を助ける余裕など全くないはず。」と~~~。

オット 「そうですね・・・どん底です。助けてあげられませんね・・・」と。

ぎゃい~ん(涙)

なんだかなぁ~切ないよ~~

 

コンサルタントの彼は地獄の職場Aから我々を助け出す時には心臓にもかなり来たし血圧も上がって倒れそうだったと・・・兎に角命がけで助けてやっとここまで来たのだからもうこれ以上の問題は勘弁してくださいとのこと。←これ本当。我々も命がけだったから~彼がいたから今があるのだ。

 

その後、約束の金曜日にHさんから電話はなかった。

やっぱり病気なのかな・・・と。

 

 

それから4カ月?経ったのか?

何回もかかってきた電話に出たらHさんだったのだ!

電話口のHさんは明るい声で電話に出てもらえてよかった~と言った。

おばさんと会った後に家電が使えなくなってしまった事、新しく携帯電話を持った事を話してくれた。

そして、おばさんが会いに来てくれたことがとても嬉しくて・・・話をして楽しかったと。

Hさんの話が止まらない~

おばさんの携帯は家の中での電波が悪いのでところどころ途切れてしまうので聞き取れなかったりして・・・・

それでもガンガン話すHさん~

そして、「大丈夫ですか?何か困っている事はないですか?お仕事探してますか?お手伝いしましょうか?ドイツ語の手紙読みましょうか?」と・・・。

こりゃ驚いた~おばさんの心配をしてくれていたなんて・・・(涙)

面白いね。

おばさんはHさんを心配していたけど・・・

Hさんもおばさんの事を心配してくれたなんて。

きっとおばさんの顔にも「病気かもです。。。」と出てたんだろうね(笑)

 

この後電波が悪いので途中で切れてしまった・・・

外に出てかけ直したけど出ない(汗)

電波が悪いことを告げる前に切れてしまったから・・・もしかしたら切られたと思って傷ついたかも・・・

また電話してみないと。

 

オットに電話があったことを話すも・・・オットはコンサルタントの言葉が頭から離れず・・・

 

みんなが笑える毎日を望んでいるけど・・・色々と難しいにゃ~

 

 

今日も1日ありがとう。

いつも応援ありがとうございます♪

 

 

スポンサードリンク



Pocket