うちのお隣さん。

10月8日(土)

 

朝晩の気温は10℃以下。日中は14℃ 風もなく穏やかな1日。

昨日から引き続きギックリ状態。

早く良くなるように無理はせずに何もかもスローモーション。

下に置いてある物は取れないし、トイレも座るのはいいが立つときが・・・気をつけないとね。

靴下履くのも大変だよ~~~と考えていたら・・・思い出した事がある。

 

うちのお隣さんの話。

我々が3月にこの部屋に引っ越して来た時には挨拶に行っても人の気配がなかったお隣。

ある日オットが仕事に出かけた7時過ぎに玄関のチャイムが鳴ったので、驚いて「一体誰?」と思いながら玄関を開けたら・・・

初めて見る中年の女性が「今起きました!」という様子で、そうそうパジャマだったし(笑)

靴下を持って「おはよう~」と言いながら立っていた!

おはよう~は分かったが・・・その後の言葉は分からない。

でも靴下を履かせて欲しいのだと思い、持っていた靴下を子供に履かせるかのように一足ずつ履かせてあげたら「ありがとう!」と言って頬にキスをして部屋へっ戻っていった。

えぇ?何が起きたんだ?

その時はこんな感じ・・・自己紹介もしていないし・・・誰だか知らないし・・・

オットに聞いても仕事を始めたばかりでそれどころではなかったので分からないと言われ・・・

次の日もチャイムが鳴り、娘たちが逃げないように部屋に閉じ込めてからドアを開けたら

お隣さんは自分の家の中にまた同じく起きたままの姿で靴下を持って裸足で立っていた。

うちとお隣さんの玄関は向かい合った形になっているのでドアを開けた瞬間に見える。

差し出された足に靴下を履かせる。まるで女王様に仕えている召使のようだと思った(笑)

この時も何の説明もなく(されても分からないが)ありがとうのキスで終わった。

次の日はブーツを履かせて。

娘たちを閉じ込めて準備していたがその後は来なかった。

来ないと意外に心配になるもんで・・・チャイムが鳴らないのにドアを開けてみたり。

寝起きの格好で無防備に立っているお隣さんは何だかかわいくも見えたりするので(笑)

 

地下で洗濯物を洗濯機に突っ込んでいたらいつの間にかお隣さんが立っているではないか!

びっくりする間もなく話しかけてきたが・・・掃除機という単語しか聞こえない・・・むむむ。

説明しても無駄だと分かったようで「ちょっと来て!」と言われてあれよあれよとお隣さんの家の中へ~。

そして見せられたものはやっぱり掃除機。

掃除をして欲しいのか?と思ったが・・・違うらしい。

お隣さんは着ていた服を捲り上げここで初めて腰から胸の下まである「ロボットか!」と言うようなコルセットを見せてくれたのだ~。

腰の手術をしたと言っている感じ。

仕事も1ヵ月休んでいるって。

なるほどね~やっと理解できたよ~

ごっついコルセットが分かりませんでした~そういう体型かと・・・ほんと失礼よね・・・ごめんなさい(汗)

 

なので下の物は取れないし、靴下は履けなかったのよね。

あぁ、掃除機はコードを引っ張って出して欲しかったみたいで掃除は自分でしていた(笑)

 

暫くしてお隣さんは仕事に復活したがまだ靴下が自分では履けず何回か朝チャイムを鳴らした。

仕事の時は膝下のストッキングで、これが伸びないタイプでむちむちのあんよに履かせるのにまぁ~大変だったこと(笑)

 

今回腰を痛めてそんなお隣さんとの出会いを思い出したのだ~♪

 

さてさて、今日も早く休みます。

月曜日に買い物復活出来るように。

 

今日も1日ありがとう。

 

 

スポンサードリンク



Pocket