ドイツ、給料未払い裁判後にとんだ結末が待っていた。

スポンサーリンク




 

 

 

 

11月23日(木)

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温16℃、最低8℃。

曇り 強風!

 

最近にしては暖かな日だけど、強風!

 

↓数日前に撮った写真。

2017 ドイツ 風景

今日の強風で枯葉も殆ど落ちるだろう。

 

さてさて、先日「悪い知らせ」の記事を書いたので、残念な結末を知っていると思うけど(笑)

 

 

今日、コンサルタントさんにスカイプドイツ語レッスンの時間にその件で話をした。

 

今までの経過はこちらから→ (ページ9から若い番号へ読んでいくと内容が繋がってる)

 

手紙は

● 強制執行をお願いした弁護士さんからだった。

● 債務者(給料未払いのオーナー)の住所の建物のドア、呼び鈴、ポストなど全ての物から名前が消えていなくなった。

● これ以上強制執行は出来ないのでここで終了になる。

● 2週間以内に提示の金額を振り込んでください。

1枚目の内容はこんな感じ。

 

 

2枚目からは今までの裁判をお願いした時(勝訴したもの)の書類、強制執行の書類、その時に債務者に逮捕状が出ていたという書類、債務者が行方不明になったという書類。

居なくなったと書かれた紙は真っ赤な用紙で、見るからにいかにも悪い知らせという感じ(笑)

 

 

そうそう、逮捕状が出ていたのに何故捕まらなかったのか?というのは・・・

我々もドイツの警察がどんなものなのか全く解らないので、コンサルタントさんの説明だけにいつも頼る形なのだけど・・・

確か、逮捕状が出た時にコンサルタントさんから聞かれたことがあった。

それは、

「逮捕状が出ているので逮捕して拘留?留置?(どちらだったか忘れた、汗)できます。ただ、その場合1日につき80ユーロを支払わなければなりませんが、どうしますか?」と言われた。

 

はぁ?

全く意味が解らん???

悪いことした人ではなくてこちらがお金を払う?

何故これ以上お金を払わなければならないのか?

それに1日80ユーロも!

オットの給料だってそんなに出ていないのに・・・(泣)

 

コンサルタントさんはどうしますか?やってみますか?と聞いて来るし、オットはそこまでやりたいと思っているだろうけど、

いやいや~まてまて~~~

無理だから。。。

そんなことしたらこの先本当に我々が飢え死にだよ。

おばさんが思いっきり断ったのだ~~~。

それにしても・・・逮捕状っていったい何よ~!

何の役に立つの?

 

で、今回もコンサルタントさんの話では

「行方不明の給料未払いのオーナーを警察で探してもらう事は出来ます。でもお金がかかりますよ。」とな。

 

あぁぁ・・・

こりゃ、危険な無限のループだ・・・

 

警察にお金を払って探してもらう → 見つかったら弁護士に頼む → また逃げられる

笑、笑、笑

 

ほんと、沢山大事なお金と時間を使って色々勉強になった(苦笑)

 

学んだことは、とにかく「騙されないこと!」だね。

騙されたお金は取り戻せない。

 

 

 

大丈夫、お天道様は見てるから♪

 

 

↓この落ち葉が、お札だったらなぁ・・・笑

2017 ドイツ 風景

 

狸か狐に騙されそう~

かわいいから騙されてもいいや~♪

 

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

Pocket