ドイツ、詐欺師の目的は・・・。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

5月15日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温23℃、最低14℃。

晴れ。

 

今回また厄介な事が起こり、ブログに備忘録として今までの事を書いておいてよかったとつくづく感じた。

過ぎたことは忘れちゃうもんだね~(苦笑)

 

そしてもう一つブログをやっていてよかったと感じたのがありがたいコメント。

本当に今回も無知な自分に呆れたが、不安に思っている事への適切なアドバイスをもらうととても気持ちが楽になった。

いつも応援ありがとう。

 

さて、本日もまたまた詐欺師のお話。

 

9:30 コンサルタントさんからLINEが来た。

「皆さん、緊急に話す必要があります・・・」と、相変わらず急かすような書き方で14時半にスカイプをしたいという事だったがオットは仕事だと返信したが・・・

「それはそうでしょうが・・・」と始まり、とにかく14時半に出られるようにと・・・。

これも相変わらずで、自分の都合を貫く(スカイプレッスンの空いている時間)。

相手の都合は考えない。オットは雇われの身なんだってば~と、言ってもムダ(笑)

 

仕方がないから職場まで行き仕事中のオットに説明(仕事中は携帯見ないし、説明書くの大変だから)。

オットもコンサルタントさんの性格を知っているから「了解しました。」の返事を頼まれたので即送った。

 

で、スカイプの会話となる・・・

そう言えばスカイプレッスンを辞めてから久しぶりの会話だ。

でも、内容があれなので・・・楽しくはない(笑)

 

まずは詐欺師に口座情報のメールを送ったまでの経緯を聞いた。

突然詐欺師からコンサルタントさんの所へ「○○さん(我々の事)にお金を振り込みたいが弁護士さんがいないので分からないからあなたが知っている口座番号と住所を教えて欲しい。」とメールが来たらしい。

それでコンサルタントさんは慌ててこっちに連絡してきて口座情報を詐欺師に送ったのだ。

でもこの時に住所は教えなかったそうで、これは後々の事を考えると良かったと思う。って言うか、住所を教えていたら大変なことになったかも。

 

そして、コンサルタントさんも何故今頃詐欺師がそんな事を言って来たのか不思議になったらしく、我々がお世話になった弁護士さんはもう辞めてしまい居ないけどその弁護士事務所へ電話をかけたら、丁度この件を知っている人が出てくれたので事情を話すと数日前に詐欺師から電話があったことが判明。

 

弁護士事務所の人が「感じのいい人だったので聞かれたこと全て答えてしまった」と・・・

そうそう、詐欺師だからね・・・上手いのよ・・・話し方?騙し方?(笑)

 

で、詐欺師が聞いた内容とは「裁判を起こした時に出た逮捕状の書類を今誰がもっているのか?」という事だったらしい。

そして逮捕状の書類を我々が持っていることを伝えたから今回のことが起きたようだ。。。

 

詐欺師が逮捕状の書類が必要な訳は・・・

仕事をしようと思ったら協会から「あなたには逮捕状が出ています。逮捕状を取り下げてもらわないと仕事は再開できません。」と言われたとのこと。

それで何が何でも逮捕状を手に入れようとしている訳なのだ。

なるほどね・・・。

 

ここでコンサルタントさんが

「こんなチャンスはありません!お金を取り返すべきです!」と言う。

「どうしますか?」とワクワクが隠せない笑顔で聞いて来たのでおばさんが

「お金は勉強代と思っているので帰らなくてもいいです。」と答えるとコンサルタントさんの顔が変わり強い口調になり怒りをあらわにした。

コンサルトさん 「何を言ってるんですか!断る理由をはっきり言ってください!」

おばさん 「お金が確実に戻って来るとは限らないし、そのお金を取り戻すのにまたお金がかかる。いままでも弁護士代、コンサル代と払って来たけど戻らなかったわけだから・・・。」

コンサルトさん 「もう裁判をやって書類はここにあるのだから弁護士は要らないし全くお金はかからないじゃないですか~!」とキレ気味。

おばさん 「お金がかからなくてもまた新たに心配や不安な事が起きるのは嫌だし、やっと落ち着いて来たからこのまま生活がしたい。それにその書類が無くて仕事が出来ないのなら期限が切れる30年間、詐欺師が仕事が出来なくても仕方ないかと思うし、それでいいと思います。」

これを聞いたコンサルタントさん怒り心頭!

コンサルトさん 「○○さん、はっきり言わせてもらいます!日本人は我慢したり争いを避けたりするのを良い事だと思っているようですがそれは間違っています!!それにここはドイツですよ!郷に入っては郷に従えって言葉を知らないのですか?ドイツ人の私が勧めているんですよ!ドイツのやり方が出来ないのなら○○さんはこれから先ドイツでは暮らしていけません!すぐ日本に帰った方がいい!詐欺師が仕事が出来ないままでいいというのは仕返しのつもりですか?」

 

何を言っても自分の欲しい答えを聞くまでは攻め続けるのを知っているから余計な事は言わず 「私は今回の件は降ります。」と伝えるとまた「はっきり言わせてもらいます!・・・」と始まった。

が、

オットが「お願いします。」と言うと今までの顔が嘘のように笑顔になり

コンサルトさん 「分かりました、引き受けます!ではこの話はご主人と進めていきましょう。で、詐欺師からのメールの連絡や弁護士事務所への連絡をこれまでに私はしましたが、それに関してのお金は請求しません。でもここから先の仕事は無料では出来ないので請求書を送りますから取り敢えず200€振り込んでください。確認でき次第仕事を進めます。」とな・・・(笑)

 

おばさんはこの件から手を引いたのでこの先どうなるのか黙って見守るのみ。

さて、お金は取り戻せるのか?

 

スカイプが終わってオットに「降りたので何もしないから、もしお金が戻って来たら全て自由に使ってね。」と言ったら(怒ってないよ~普通の口調で、笑)

オット 「そうはいかないよ。とても大変な思いをさせてしまったんだから・・・。それに戻って来たら少しでも生活が楽になるでしょ。」だって、

泣けるじゃないか~

どうしても取り戻したいのは自分の為じゃなかったのか~

でも、戻って来るか分からないんだよ~

お金、また使っちゃうんだよ~

プラマイ考えると~

それでも、まあ、やってみるのもいいか~

上手くいきますように~~~!

 

この後夜にも新たな情報が入ったのだけど・・・

書く時間が無いのでまた明日。

 

 

↓↓いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
今日も1日ありがとう。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

Pocket