【ドイツ、自転車修理】何だか乗りづらいと思ったら、こんな事に・・・。

6月 ドイツ 畑の野菜

 

6月20日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温31℃、最低18℃。

晴れ。

 

本日も30℃超えの暑い一日。

涼しい時間の散歩中に畑になる元気な野菜を見つけたが・・・一体なんの野菜なのか分からなったけど、青々とした葉が美味しそうに見えた(笑)

 

さて、こんな暑い日は外仕事のオット達はいつもよりも早めに出勤して、その分暑い日中の昼休みを多く取る事になっている。

 

日中も暑いのだけど・・・

夜間の語学学校へ向かう夕方もお天道様がギラギラでかなり暑い~~~!

アスファルトからの熱が足の先から伝わってきて体中が熱くなる。

サドルの上のお尻は汗でびしょびしょに(苦笑)

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

こんなに暑いのに長袖、長ズボン、帽子に手袋と完全防備がドイツの人達の目を引くようで不思議そうに見られる。

こっちの人達は「え?それ下着?」ってな格好で涼しげにしている。

おばさんでも目のやり場に困るくらいだ(笑)

 

 

語学学校の帰りに買い物をして帰ったのだけど、いつもと自転車の乗り心地が違った。

余りにもヨタヨタ運転するので、オットにどうしたのかと尋ねられたが・・・

カゴに入れた飲み物が重いせいだと答えたが、いつもはこのくらい平気できちんと運転できているのだけどなぁ・・・と腑に落ちなかったが、家に着いてカゴから荷物を出したら・・・

 

↓カゴがこんな事に!!

6月 ドイツ 自転車 修理

そうなのだ~

カゴを自転車に止めてあるネジが緩んだようで、ぐらぐらになっていた(笑)

これではハンドルをしっかり握っていても重いものが入ったカゴが左右に動くからバランスが取れない訳よね~。

何回も転んだり、未だに何処かにぶつかったりするのでカゴにはかなりの衝撃があり、こんなに緩んでしまったみたい(苦笑)

でも、このくらいならネジを締めればいいのでストレスにならなくてよかった♪

 

そう言えばオットの自転車、倒してしまいライトが壊れたことを前に書いたけれど、

その時に簡単に取り付けられるライトを購入したが、このライトは簡単に取り付けられるだけあって、簡単に外せるわけで・・・

何でも盗まれちゃうドイツではこのタイプのライトの場合、自転車から離れる時はタイトが盗まれないように外しているらしい。

あ~ぁ、何て面倒臭い事を・・・(苦笑)

まだ語学学校の帰りが明るいのでライトが無くても困る事がないからと ←本当はいけませんよ~!

まだ取り付けていなかったのだが・・・

先日、会社の人に自転車を貸して欲しいと言われ

ライトが壊れていることを伝えて渡したら

なんと!

帰って来た時に 「ほら!ライト点くよ~♪」って~~~

 

↓倒れて折れてぐらぐらになり点かなくなったライトをテープで修理してくれたのだ~~すごい!

6月 ドイツ 自転車 修理

この日からライトは今も正常に点いている。

ドイツに暮らしている人達の物を直す根性と技術はあっぱれだと思った。

壊れたら新しい物を買うか、専門家に直してもらおうとすぐに考えてしまう我々がちょっと恥ずかしく感じる(汗)

ここで生きていくには、ドイツ語以外に物を直す根性と技術も身につけなければ~~~!

ライト、直してくれてありがとうね。

 

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

 

スポンサーリンク



 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA