ドイツ、何故そんな所にうちの荷物が???

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

8月14日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温25℃、最低16℃。

雨 午後から 晴れ 時々曇り。

 

 

なんだかねぇ・・・不思議な事が起きたのよ・・・。

 

ドイツに暮らしてから習慣の違いなどで不思議な事は多々起きるけど

今回はドイツ人(お隣さん)も驚く現象(笑)

 

午前中は雨だったから家に居た。

妹が日本から送ってくれた荷物がそろそろ届くかもしれないと思い、郵便配達を監視(笑)

 

いつもの時間に車が来て事務所の前で止り、その後もうちには来なかったから荷物はなかったんだなぁ・・・と思っていた。

 

午後から雨雲が切れだしてお天気が回復して来たから、3時過ぎに慌てて買い物へ。

 

5時近くに帰って来たら玄関の前に妹からの荷物が置いてあった。

あれ?今日来たんだ・・・。

 

配達員が家に来ない時はいつも事務所で誰か受け取るとすぐに持って来てくれて玄関前に置いてあったり、それ以外は事務所の机の上に置かれ、それをオットが持って来る事がある。

 

今回は誰かが受け取って事務所に置いてあったのをオットが持って来たのかな?なんて思っていた。

まあ、無事に届いたからそれだけで嬉しくていそいそと部屋に入り荷物の確認♪

 

で、オットが仕事から上がって来たので荷物の事を聞いたら「知らないよ、置いてないよ。」と言うので

じゃあ、お隣さんかな?ってことでその話は終わり。

 

夕食を済ましてテレビでニュースを見ていると玄関のチャイムが鳴った。

 

ドアを開けるとお隣さんがいて

「私があなたの荷物をここに置いたんだけど・・・」と言ったので受け取った事とお礼を言ったが変な顔をしてまだ何かじゃべっている・・・。

 

聴き取れる言葉は「荷物、地下室、窓・・・」(汗)

えーと・・・何言ってるのかな???

意味が解らず困っているとお隣さんはオットは居るのか?て聞いたのでいると答えると呼んで来てと言うではないか~(笑)

 

ちょっと待っててと言って猫が逃げないように玄関を一度締め、オットに説明して来てもらう。

 

玄関を開けるとお隣さんはさっきと同じことをオットに話すが、

オットもよく解らないと言ったら、「ちょっと一緒に来て」と言われ3人で地下室へ向かう。

 

地下室の洗濯機などが置いてある洗濯室に入り

そこから裏庭に出られるドアを出て

階段を上りながら途中にある窓のふちを指さして

「ここにあなた達の荷物があったのよ~!」と言った。

 

えぇーーーー!

なぜじゃ~びっくりじゃ~。

 

お隣さんは話を続ける・・・

「私が地下に洗濯をしに来て、そのまま裏庭に行こうと思ってここを通ったら、何故かあなた達の荷物がここに置いてあったから、びっくりした~!」

オットに「あなたが置いたの?」と聞くお隣さん。

 

オットは置いていないと言いながら首を左右に振る。

3人とも???で首を傾げる。

 

そして、一体何故?誰が?郵便配達員?会社の人?

でも何故ここに?

 

地下室に置いてあったとしても不自然なのに・・・

ましてや裏口の外の窓のところなんて・・・

 

お隣さんに「雨が止んでいてよかったね。降ってたら濡れてたよ。」と言われてゾッとした。

 

お隣さんが見つけてくれたから良かったけど、我々はこの裏口をほとんど使わないのだ。

そう考えるとまたもやゾッとした。

 

 

お隣さんが会社のメンバーの名前を言いながら考えるけど・・・

どの人もそんな事やりそうにない・・・やる理由が見当たらない。

 

3人で誰が?何故?を繰り返した(笑)

 

結局、謎は解けないままお隣さんは「ミステリーだ~!」と何回も言いながら部屋へ戻る。

 

 

ほんと、ミステリーだ・・・(笑)

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
今日も1日ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

Pocket