【ドイツ、インテグレーションコースの様子】Modul4(A2-2)現在完了形。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

5月7日(月)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温26℃、最低14℃。

晴れ。

 

先週は祝日が入り学校が休みだった。

また今日から始まったので記録の為にインテグレーションコースの様子(Modul4)。

Modul4(A2-2)のこれまでの様子はこちら→

 

 

まずは学校へ行く前の昼間の会話から・・・

オットがお昼休みに帰って来た時に「先生にワッツアップした?」と言ったので驚いた。

え?何の事?

オット 「この間授業中に次回は現在完了形のテキストを持って来ようと思っているけど、忘れるといけないからワッツアップで知らせてね。って、名指しでお願いされていたじゃない。」

おばさん ???

 

ありゃりゃ・・・そう言えば、名前を呼ばれて何か言われたような気もする・・・。

そういうことだったのか!

慌てて先生に連絡。

先生、頼む相手を間違ってるよ~(笑)

 

 

 

さて、学校へ行くとまたひとり新しい生徒が入った。

Aさん、シリア出身。

この町に来て1年、以前は1年ミュンヘンに居たそうだ。

先生の質問のある人はいますか?の言葉でみんな色々質問し出す。

その中でひとりが「子供はいますか?」と質問した。

次に質問した人が「結婚はしてますか?」と聞いたら先生は質問をストップさせて質問の順番が違うと言う。

 

「子供はいますか?」の質問の前に「結婚はしてますか?」と聞いた方がいいと言った。

すると、

生徒たちはまちまちに色々言い出した・・・

「結婚してなくても子供のいる人がいる。」

「子供はいるけど離婚してる人もいる。」

「今日は来てないけど、この前新しく入ったクラスメートは母国に子供と奥さんがいるけど、ドイツにも子供がいるって話していた。」

うん、確かにそんなようなこと言ってたね(笑)

 

先生、たじたじ。

 

う~ん、難しい問題だ・・・(苦笑)

 

本題へ。

今までのおさらいでもう一度簡単に現在完了形の勉強をした後に先生が持って来たテキストをやることに。

 

テキストは1~6まであり、1が一番簡単で数字が上がるにつれて難しくなっているらしい。

人数分無いから机に置いたのを1枚持って行き問題を解いて終わったらまた戻し、新しいのを持って行ってと説明される。

 

終わった人から先生に見せに来てという事で始まったんだけど。

 

 

もたもたしてるから机に簡単だと言われた若い数字は残っておらず・・・

手に入れたのはこれ↓

2018 ドイツ その他

 

隣の人が見て、「難しい~」って言いながら笑った。

その彼女は1を持っていたよ(笑)

 

この問題は単語を並べ替えて正しい現在完了形を使い一つの文章を作る。

現在完了形→ 助動詞haben/sein+過去分詞(文末)

 

この後、1,2,3と問題を手に入れ解いていたんだけど・・・

あまりにも他の生徒が終わったと言っているのを見て焦りちょいとパニック。

遅すぎると思ったのかオットが「まだ終わらないの?」と聞いて来たので「まだ4と6が手に入らないの~」と答えると、

 

 

オットの目が点に。。。

そして、

「先生は机の上の問題を3問やってくださいって言ったんだよ。」と言いながら呆れ顔。

 

3問か・・・

そこ、聞き取れなかった・・・(泣)

 

 

急いで先生に見てもらう。

間違いだらけ・・・げげげ~。

 

本日の授業はこれでおしまい。

 

 

 

↓↓いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

今日も1日ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

Pocket