ドイツ、服のデザインはやっぱり欧州人向けだと、ある事で気がついた。ジーパン切れてた!

スポンサーリンク




 

 

10月23日(月)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温14℃、最低11℃。

雨 時々 曇り。

 

いやいや、びっくりした~!

買い物から帰って来て

食品を冷蔵庫にしまっていて気がついた。

 

ジーパンが切れてるではないか~~~~(汗)

それも股の所。

 

↓これ・・・ひどいね・・・(滝汗)

2017 ドイツ その他

穿く時には全く気づかなかったんだけど・・・

買い物行った時に切れたのか???

 

股の所が擦り切れたのなんて初めて(笑)

 

今までは膝とか裾とか・・・。

 

股だよ。

 

ほぼ毎日自転車に乗るからだねきっと(笑)

擦り切れるんだね~。

お尻の所が切れたら丸見えだろうけど、股だから見てしまった被害者はいないだろう(笑)

 

さて、新しくジーンズを調達しなくては。

 

最近気がついた事があるんだけど

やっぱりこっちの服のデザインは日本人のおばさんには無理があるな~って。

 

袖やジーンズの丈が長いのは仕方ない。

本当に見るからに足の長さが違うからね(苦笑)

 

でもそれ以外で、上着の襟が高くて顎にあたるのだよ。

写真のようなタイプの襟。

 

おばさんの首が特別短いわけではないと思うんだけどね。

でも、あたる。

オットに訊くと、紳士物はそんな事はないと言うし。

 

兎に角、着づらい。

下手するとファンデーションが襟に付いてしまう。

寒くても上までファスナーを閉められず・・・

 

そんなある日、

気づいてしまった。。。

 

首の長さが問題ではないのだよ。

問題はなんと、胸の大きさ!!

 

えー、そんなばかな~(笑)って思うでしょ?

それが、大あり。

 

先日鏡を見ながら、首が苦しいのよね~と言いながら胸の辺りの布を持って引っ張ったら

なんと、襟が顎にあたらない!

はぁ?どういうこと??となったけど、理由がすぐわかった。

 

原因は貧乳だったのだ~(泣)

そうだよね~こっちの人達胸大きいもんね~。

 

胸の部分に布が取られれば、襟は下がる。

因みに他の服を着て胸の部分の布をボイ~ンと引っ張ってみると、やはり襟は顎にいあたらない。

 

おぉー、なんてことだ。。。

身体に合った日本の服が懐かしい(涙)

 

で、

原因は分かったけど・・・どうすりゃいいんじゃ・・・。

 

オットに言ったら 「胸に何か入れれば。」だって。

そうそう、胸に何か入れれば・・・

えーーー、それ?!

 

かなりの大きさの物入れないと・・・

あ、そんな事じゃなくて・・・。

 

そう言えば、どうりで子供服がフィットするのはそのせいか・・・。

 

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

Pocket