【ドイツ】パンクした自転車を修理へ持って行く。受け渡しの日と見積もり。

2019 ドイツ その他 自転車、修理

スポンサーリンク



 

 

 

3月27日(水)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温13℃、最低気温6℃。

晴れ。

 

 

おばさんの愛車(自転車)がパンクしちゃったから修理してもらいにお店へ持って行った。

 

暫く来ない間に、お店の隣に中古車展示の建物が出来ていたよ。

写真の一番前の自転車、見切れてるけど・・・289€だって。

その値段が妥当なのかおばさんには価値が分からないからなぁ~(笑)。

 

 

 

で、

案の定見るなり新しいタイヤと取り替えた方が良いと言われお願いすることに。

いつものように全て紙に書いてもらう。

口答だけでは怪しいので。

おばさんは間違って聞いているか忘れるか・・・お店の人は日本人と違ってテキトーな時があるから(笑)。

 

 

外側のタイヤと中のチューブを換えて45€と言った。

が、

紙にはca.45€と書かれていたよ。

ca.は日本語で約、大体・・・そんな意味。

それって・・・気になったから聞いてみると・・・

やっぱり「大体この値段。もしかしたら高くなるかもしれない。」だって。

おいおい、タイヤとチューブの値段に修理代と税金を足せばきちんとした値段がでるよね???

 

 

 

 

出来上がりは金曜日の15時。

 

来週かと思っていたから、これが早い!と感じてしまった。

すっかりドイツのゆったりペースに染まっておる(笑)。

 

 

さてさて、修理代はいくらになるかしら~~~ドキドキ。

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

試験が終わったけど・・・バタバタなのでしばらくコメント欄を閉じます。ごめんね。

急ぎの場合は「お問い合わせフォーム」からお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

スポンサーリンク