【ドイツ】交渉しないと上がらないと言われていたお給料が上がっていた!

2019 ドイツ その他 お金のこと

スポンサーリンク



 

 

 

 

4月2日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温17℃、最低気温7℃。

曇り のち 雨。

 

 

本文に入る前に

昨日またビーバーを見ちゃった♪

 

買い物へ行く時に「いるかな?」と思いよく見ながら通った時にはいなかったが、帰りには姿があったよ。

でも、買い物の荷物を荷台とハンドルに提げているから重たくて自転車が自力で立ってくれず(笑)。

写真が上手く撮れなかった~。

 

 

↓この時もこんな感じ。

2019 ドイツ その他

よく分からないね(笑)。

 

 

さてさて、今日は凄く驚いた話。

 

2016年にオットが今の会社に入社。

その時は全てコンサルタントさんにお願いしていた。

サインをした契約書も1年の期限付き。

 

 

2017年になりまた新たに契約を交わすのだが、その時にコンサルタントさんに「ドイツでは自分で交渉しないとお給料は上がることはない。」と言われて・・・

契約の時にコンサルタントさんが交渉をしてくれるというのでお願いした。

少し昇給した。

この時「本当に昇給には交渉が必要なんだ・・・」と思う。

 

 

2018年は色々あって(ブログに書いてあるけど、笑)

コンサルタントさんを断った。

会社との契約も2年過ぎたので無期限に。

ということは、今回の契約書にサインをしたらずっと同じ条件で契約が続く。

 

 

滞在許可証をもらう時に契約書が無期限ということは重要だと確か初めて外国人局に行った時に言われたのだ。1年とか期限があるとそれだけしか滞在許可が下りないらしい。

うちは無期限になったけど、インテグレーションコースの件があるのでまだ1年だけ(涙)。

 

 

で、

無期限の契約書にサインの時、勿論オットは昇給の交渉はしなかった。

いや、出来ない。

 

おばさんの本音は「してくださいよ~少しでも上がってもらえると助かるので~」という所だが・・・

仕事をしているのはオットだ。

言って働き辛くなったり、万が一解雇にでもなったら大変!

 

 

慎ましく暮らせばなんとかなるさ。

 

ただ・・・

真面目に・・・人手不足でもひとりでがんばって働き・・・休みが少なくてもがんばって働き・・・

そんなオットの事を考えると

何年経っても外国人局でギリギリ通る最低賃金だと考えるとかわいそうになる。

 

 

でも仕方がない。

どうすることも出来ないことをいつまでも考えていても楽しくないので我々はお給料の昇給のことは忘れることにしたのだ。

ここで穏やかに暮らせればいいと思って。

 

 

 

2019年、去年無期限になったから契約はいらない。

お給料はいつもと同じ額が振り込まれて、明細は違う会社から郵送されてくる。

 

で、

銀行へ生活費をおろしに行ったら

あれ?

振り込まれているお給料の数字が若干違うような・・・。

 

 

家に帰ってから明細を確認。

いつも同じ額だから郵送されたまま封も開けていなかったよ(汗)。

お給料振り込まれてから何日か経ってるし(笑)。

 

 

 

おぉー、ちょこっとだけ上がっとるではないかぁぁぁぁ~!

♪♪♪

 

 

オットが帰って来たので話して明細を見せると

「ありがたいね。」とボソッと言った。

 

とても嬉しそう。

 

 

何も言わなくても昇給してくれたオーナーに感謝。

オットが真面目にがんばっているのを認めてくれたようで・・・

おばさんは感動。

今までの大変だった事が想い出されてちょいと涙が出そうだった。

 

 

 

 

それにしても、

昇給してくれたのなら「今月から少し昇給したよ」とか言ってくれればいいのに。

オットが寡黙だから、オーナーも黙っているのか(笑)。

 

 

気がついて良かったよ。

何ヶ月も経ってから「ありがとうございます。」じゃ・・・ねぇ(笑)。

 

 

交渉しなくても昇給したよ~。

本当にビックリする出来事だった。

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

試験が終わったけど・・・バタバタなのでしばらくコメント欄を閉じます。ごめんね。

急ぎの場合は「お問い合わせフォーム」からお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

スポンサーリンク