ドイツ、滞在許可証(ビザ)更新とスカイプレッスン。

スポンサーリンク




 

 

 

12月25日(月)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温8℃、最低5℃。

曇り 時々 雨。

 

今日はクリスマス。

雪は降らなかったけど外はかなり寒い。

これといって何もしない我が家。でもチキンだけは焼いてみたが、やっぱりケーキを買っとけばよかったな~と・・・思ったけど、24,25,26日と3日間もお店が休みだから買い物が沢山ありそんな余裕はなかったのだ。

それにオットはいつもと変わらず仕事だし。

 

この何もない平和な日常がおばさんにとってはクリスマスプレゼント~♪

ドイツに来て2回、厳しいクリスマスを味わったから特にそう思う。(笑)

 

さて、クリスマスを迎える前にちょっと気が重いイベントがあった。

そうそう、コンサルタントさんの件。

やっぱりブログに書くと少し気持ちが落ち着いて、その後は冷静になれるというか・・・正常に戻る(笑)

 

 

1週間後のスカイプレッスンの時までに結論を出さないといけないからオットと話し合う必要があったが、その件に触れるのは何だか気がのらない。

 

話がみえないだろうから簡単に書くと、

前回おばさんは来年の滞在許可証の更新の件でコンサルタントさんにまたお願いする話をした。

今までは予約から当日同行して通訳まで全てお願いしていたけど、今年は語学学校へも行き出したし自分たちで何とか出来るのではないかと思って同行を断った。

オットは少し英語話せるし、ドイツ語も少し話せるようになってるし。

 

そしたらあんなことに。

 

で、さて・・・どんなもんか?何とかうまい方向へ行かないもんか?と考えながら「どうして怒ったのかいまだに解らないけど・・・どうするか決めないとね。」と、オットに話しかけてみたらこんな返事が帰って来た。

「どうして怒ったのかは謎だけど・・・相談している時の言葉か話し方が頭に来た事は確か。それはどうする事も出来ないから取り敢えずそのままで。来年の滞在許可証の更新は予約だけお願いして、後は自分たちでやってみようかと思ってるんだけど。」と。

へ?やる気出た?ばんざ~い♪

 

 

っていうか、

最初相談した時にドイツ語の先生も兼ねているので自分たちだけで挑戦する事を喜んでくれるかと、おばさんの中では勝手に思ってしまったのだよね~。

「今回は自分たちで挑戦なんてすごいですね~がんばってください!もし難しくて助けがいるようだったら連絡してくださいね」な~んて、言ってくれるかと・・・。

まあ、自分の都合の良い考えということで(笑)

 

 

夫婦の意見が合ったのでその事を木曜日のスカイプレッスンの時に伝えた。

今回は予約だけお願いしたいと。

当日は2人でがんばります!と。がんばってみたいんです!と。

 

いやいやいや~、そう簡単にはいかないよ(汗)

「そんな大切なところを節約するのはお勧めできない!考えられない!私が一緒に言って通訳しなければもし何か言われても分からないままですよ!・・・・などなど・・・・」

 

だ、か、ら、

何回も言いますが節約のためじゃないんです~。 (どうしたらわかってもらえるんだろう・・・by心の声)

 

コンサルタントさんも「儲けは置いといて、あなた達を心配していってるんです!」と言ってくれた。

今までだったら「じゃあ、分かりましたお願いします。」と言ったが、今回は言わなかったので説得はいつまでも続く(滝汗)

 

でも、スカイプレッスンの時間は30分と限られているし、コンサルタントさんも今回は気持ちが変わらないと分かったらしく納得は出来ないけど折れる形になった。

滞在許可証の更新の予約を1月に入れてもらう事に。

コンサルタントさん曰く、電話かパソコンで予約は入れるけど、混んでいたら2月になってしまう。もうクリスマス休みなので来年になったら予約を入れる。その結果は次回のスカイプレッスンの時(1月11日木)に知らせる。

今回の料金は予約の手数料50ユーロ+消費税19%=59,5ユーロ。

 

一件落着。

よかったよ~♪と、言いたいところだが・・・

 

何でこのタイミング?というものがもうひとつ・・・むむむ。

 

企んだわけでも何でも無く、この流れなんだから仕方ない。

腹をくくって話を進めることに。←おおげさ(笑)

 

おばさんは今月に入って語学学校のクラス変更をした。

夜間から昼間のクラスへ。

今度は授業が9:00~12:15となるので1時半からのスカイプレッスンには間に合わないから1月で辞めることに決めた。それに伴って今までは仕事の合間の休憩時間に受けていてバタバタッだったけどがんばってやって来たオットも、おばさんがいなければ昼食の支度など自分でやらなければならず、かなり時間的に厳しくなるという事で同じく辞めることになった。

(スカイプレッスン、初めは火曜日の夜9時から1時間受けていたが、夜間の語学学校が始まって他の日の夜のスカイプ時間が空いていないという事でこの昼休みの時間だった)

 

 

辞める事を告げると、案の定今回の件でそうなったと思ったらしく

「○○さんはそんなに僕の事が嫌ですか?あなた達を騙した詐欺師と同じくらい僕が憎いですか?」と言った。

・・・。

違うんだけどね・・・。全くそんな気はないんだけどね・・・。

オットがすかさず、「クラス変更の件はもっと前からの話なので今回のことには関係ありません。」と言ってくれたけど聞く耳持たず。(涙)

 

どう説明しても誤解は解けない・・・。

 

ドイツに来てから共に闘ってきた戦友じゃないけど・・・そんな仲間のような気持ちでこれからもお付き合いが出来たらと願っているのに・・・

争いたくなんてないのに・・・

そう思うのはこっちの我儘なのだろうか?

 

きっとコンサルタントさんも人間だからイライラする事情を何か抱えているのだろう。

こんな時はどうやってもなるようにしかならない。

静かに相手の話を聞くだけ。

 

こんな事を話してくれた、

「昼間のクラスへ移ったからドイツ語が話せるようになると思っているようだけど、それは間違いです。○○さんが何故ドイツ語が話せないか知っていますか?答えは日本人だからです!ベラベラじゃべらない、暗黙の了解、言わなくても感じ取ってくれる等の日本人特有の性格を持っているからです。その性格を変えなければいつまでたっても今と変わらずドイツ語が話せないままですよ。だからクラスを変えるのではなく、性格を変える事をお勧めします。」

 

ありがとうございます。

 

海外生活をしていると、日常で痛いほど嫌っていうほど日本人の性格や習慣のままではここでは生きていけないんだ・・・と何回感じた事か。

そんな思いを重ねるたびに少しずつ強くなっていく自分がいる。

反対に「こんなこと言っていいんだ~♪ え?これでいいの?」なんて日本とは違う習慣に気持ちが楽になる事もある。

 

意識もするけど、知らないうちに少しずつ変わっていると思う。

そうじゃないと生きていけないから。

特に、何の取柄もない中年おばさんは。(笑)

 

海外で積極的に日本人をやっていきたいと思います~♪

がんばります~~~~~♪

 

 

という事でスカイプレッスンは1月末で辞めて、昼間の語学学校に全力投球だ~。

その前にテストだ~およよ。

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

ドイツ語がんばれ~と、ポッチとひとつよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket