ドイツ、春の気配と嵐の爪痕。

スポンサーリンク




 

 

 

1月30日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温7℃、最低4℃。

晴れ 時々 曇り  夕方から雨。

 

日本は寒波に襲われ、関東地方でも雪が積もったり。

それに比べて今年のドイツ、今のところ去年よりもずっと暖か。

 

 

↓散歩で花の蕾を見つけた~♪

2018 ドイツ 風景

春は確実に近づいている・・・んだよね?

 

冬は嫌いじゃない。

でも、今年の冬は雨が多過ぎ。

強風の日も多過ぎ。

 

どんだけ買い物の邪魔したんじゃ~。(笑)

 

 

あ、買い物つながりで次の話に。

今月18日にドイツはすごい嵐に襲われた。

その爪痕がスーパーへ行く道にはまだまだ残っている。

 

今までは写真を撮る余裕がなかった(雨が降っていたり、路面凍結してたり)が、今日は晴れて心にも余裕があったので気になっていたものをパチリ。

 

 

兎に角大きな木が倒れてるんだわ~。

 

↓これ!

2018 ドイツ 風景

う~ん・・・

写真じゃ、迫力が欠ける。

こんな大きな木が倒れちゃって、迫力なんて言ってる場合じゃないんだけどね。

 

ここはいつも馬や牛が放牧されている場所でかなり広い。

この木は何メートルあるんだろう???

 

歩道は通れるように木は退かされているからここを通る人には全く問題ない。

 

そう、他の場所にもこのような大きな木が結構倒れていたのだよ・・・。

 

問題のあるところは早目に片されたけど、まだまだ残っている木があちこちにある。

 

ドイツでは暖炉がある家は多い。

もしかして、この木たちは薪にでもなるのかな?なんて事を考えながら自転車を漕ぐのだった~。

 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

すみませんが只今バタバタ中の為、今月はコメント欄を閉めています~。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

Pocket