ドイツ、ジャム作りにはミツバチが必要だから花の種をまこう!

2019 ドイツ その他 自然、生き物

スポンサーリンク



 

 

 

 

2月6日(水)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温7℃、最低気温1℃。

曇り。

 

 

本日も風邪で1日ダウンずら。

何もやりたくない何も出来ない。

 

 

で、

買い物も行ってないから冷蔵庫は空っぽ。

 

オットが学校帰りにスーパーに寄ってきてくれるというので明日食べるパンと後は適当にとお願いした。

 

 

張り切って色々買ってきてくれたよ。

パン、パン、パンと冷凍ピザ、ピザ、ピザ。

よし、これで当分食事の支度をしなくてすむ(笑)。

 

 

あっ、リンゴ、オレンジにバナナ

おばさんの好きな果物も忘れていなかったよ。えらい~!(笑)。

 

 

そんなオット、いつも気に入ったものを食べ続ける人なのに

今回いつもと違うジャムを買ってきたので理由を尋ねると

「ミツバチを助けることが出来るんだって。」と。

 

???

 

なんのこっちゃ?ジャムで?

 

不思議がっていたら「花の種が付いていたから」と説明してくれた。

 

 

↓花の種の袋の裏側。

2019 ドイツ その他

グーグル先生の翻訳を簡単に書くと、

ミツバチなしの果物はありません、果物なしのジャムはありません。

ミツバチは私たち人間にとって非常に重要です。

 

で、

だんだん花が減ってミツバチの死亡率が上がっているらしい。だから花の種をまいてミツバチを助けよう・・・

美しい花の素晴らしさで自分自身に報酬を与えると同時にあなたがミツバチのヘルパーになるのです。とても簡単です。

そんな感じか?(笑)。

 

 

この発想、ドイツっぽいなぁ~って思うのはおばさんだけか?

自然をこよなく愛する感じが出とる。

日本なら「今ならお花の種、プレゼント!」とかね。

 

 

 

種の蒔き方は図入りで説明があるからおばさんでも分かる(笑)。

5月~6月までに種をまいて・・・7月~11月の間花が咲くんだって♪

 

 

そう、オットはミツバチのヘルパーになろうと思ったらしい。

プロジェクトとしては素敵だ。

たとえミツバチの助けにならなかったとしても、きれいなお花を見ることが出来るんだから。

 

 

ただ・・・

うちには庭がない。

自転車置き場にしているテラスはあるんだが・・・

残念ながら陽が全く当たらない。

油断すると苔だらけになる。

苔もかわいいんだけど~♪

 

 

 

さて、オットはどこへ種を蒔く気なのか? ←何も考えていないと思う・・・。

 

それよりもどんな花が咲くのだろう?

見てみたい気がする~~~。

高さが60㎝~100㎝って書いてあるけど・・・

結構大きいで~。

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. テロテロ より:

    ミツバチが??と思い検索してみました。
    そうなんですね~、減少しているんですね。
    しかも作物の減少を招くから、人間にとっても
    大問題なんだそうですね。初耳でした( ̄◇ ̄;)

    ミツバチの為にお花を育てましょうって、日本でも
    早急にやらないと危険な気がします~。

    室内に鉢を持ち込んで蒔いてみるとか??
    観葉植物みたいな感覚でどうでしょ~(´∀`*)

    • porori より:

      テロテロさん、コメントありがとう~♪

      私も知らなかった~。
      こっちでは個人のかどうか分からないけど、ミツバチの巣箱を身近でよく見かけるので
      ミツバチが減少しているなんて思いもしなくて・・・。
      でも温暖化とか色々自然が壊れてきてるのだから、こんな所にも影響があるんだね。
      日本だとミツバチが減少したんじゃ、ロボット(機械)を作ろう!とか・・・
      お花を育てよう!という考にならないような気がする( ̄ω ̄;)

      室内も考えたんだけど、うちには土をイタズラする娘がいるww
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  2. mopsy より:

    こんにちは~。
    ミツバチさん、確かに何年か前から減っているらしいですが、私の感覚では、去年は結構見かけたような気がします。少し回復しているのかしらん。
    ミツバチさんが減った原因も、気候の変化、環境の変化、伝染病等、いろいろ言われていますが・・・。
    そう、ミツバチさんいなくなると、果物の花が受粉出来ないんですよね。リンゴとかサクランボ農家にとっては死活問題で。
    蜂蜜大好きな私は、ミツバチさんたちには是非頑張ってもらいたいです。そのためには、私もしっかりお花の種まきします。早く春にならないかな。
    ちなみに、去年は地元の蜂蜜を買いました。今年も売ってるといいなあ。

    • porori より:

      mopsyさん、コメントありがとう~♪

      こんにちは~。
      自然が壊れて来ちゃってるからミツバチさんも減っちゃうよね~。
      それでも去年は結構見かけたんですね!それはうれしい知らせ♪
      そうそう、農家さんは死活問題だと思う。
      それにドイツは庭に果物の木がある家が多いから(田舎のうちの辺りだけ?)
      影響あるかもね~。
      蜂蜜、私も大好きです!毎日食べてます!
      私も地元の蜂蜜時々買います~ちょいと高いけどうまい!
      あっ、mopsyさんは畑を持っていてお花を咲かせてるものね♪
      チューリップ、大好きなんです♪ラベンダーも♪
      春が楽しみ~。
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ