ドイツ、救急外来の次の日はホームドクターへ。

2018 ドイツ 風景

 

スポンサーリンク



 

 

 

9月24日(月)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温15℃、最低4℃。

晴れ。 寒い!

 

本当なら今日は病院へ行く日ではなかったのに

昨日救急外来へ行ってしまったからホームドクター(デュッセルドルフ)に行かねばならなくなった。

 

なんだかバタバタな1週間が終わって、またバタバタな1週間が始まった。。。

 

病院は予約なしの飛込み。すみません~(汗)

 

受付はドイツ人女性。

日本人の看護師さんとは挨拶したけど忙しそうなので通訳を頼まずに自分で。

今月に入って何回病院の受付に行ったのか?さすがにいくらか慣れた(笑)

 

名前を言いながら健康保険カードを提出。

今日は予約を持っていない事を伝え、昨日救急外来へ行ってドクターにホームドクターに行くように言われたと伝えながらケガした手を見せると驚いて

「まあ、なんてこと!分かりました。手紙は持ってますか?」と聞かれたので昨日救急外来で受け取った手紙を出して待合室で待機。

 

 

あっと言う間に呼ばれたが・・・

およよ、いつもの日本語が話せる先生じゃない(汗)

 

初めましてのドイツ語の男の先生。

 

手紙を見ながら色々質問され答える。

が、

言ってることが解らん事態が今回も起こり、英語?と聞かれるが

話せないと言うとすぐに日本語?と言って日本人の看護師さんを呼んでくれた。

ほんと、助かる~。

 

通訳をしてもらいながら昨日解らなかったことを質問。

打たれた注射は破傷風の注射だって。

あと健康手帳?の件も聞いたら新しく作ってくれた。

抗生物質の薬が5日分出ているのでそれをきちんと飲んでくださいとの事。

 

キズの治療をして終了。

 

帰る支度をしていると主治医が診察を終えて出てきて「私にも手を診せてください。」と言われ診療室に入る。

「あ~、これは痛いわね・・・」と言ながら手を診てくれて、さっきの先生と何か相談している。

 

主治医は日本語で話せるから昨日の事をおばさんはベラベラはなし、最後に「で、これをもらったので着けてます」と言ってサポーターを見せると

「おー、パーフェクト!」と言った。

そして 「今このサポーターをしてもらった方がいいかもって話し合ってました。」と説明してくれた。

めでたし、めでたし(笑)

 

これでしばらく様子見。

悪化してるようだったらすぐに病院へ来てくださいとの事。

 

本日も支払いは無し。

 

あっ、書き忘れたけど、救急外来も色々してもらったけど支払いは無しだった~。

 

 

この後病院入口の薬局へ処方箋を持って行くと薬を出してくれたので飲み方を確認。

 

↓抗生物質と痛み止め。

2018 ドイツ その他

飲み方を箱に記入してくれる親切さ。

で、両方一緒に飲まない方がいいと言ってくれて、

抗生物質は朝、晩なので痛み止めは今飲んだ方がいいかもと説明して水を持って来てくれたよ~親切だ~。

 

ここで初めて支払が発生。

処方箋の薬代、両方で10€也

 

 

今日も語学学校があるから慌てて帰る。

バタバタで勉強まったくしていない(汗)

 

 

語学学校へ行ったら隣の席のRさん

「どうしたの?噛まれたの?」って聞いたからびっくり!

当たりじゃ~(笑)

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
今日も1日ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

Pocket

「ドイツ、救急外来の次の日はホームドクターへ。」への2件のフィードバック

  1. 飼い犬(猫)に、咬まれたと聞いて驚きました。
    そんなに痛くなるほど、咬まれたんですね。
    ついでに、Pororiさんの過去ブログも読ませていただきました。
    オットさん、日本のブラック企業に勤めておられたのですね?
    日本の企業は、ブラックが多くて困りますね。
    イギリスでは、5時半になると、皆、残業などなしで、帰るようです。
    日本も、イギリスとまで行かなくても、せめて7時くらいには、帰れるようになったら、と思います。
    日本から来た友人も、50歳まで、仕事を続けていたそうですが、これ以上、続けると死ぬと思ったそうです。それで、運よく(?)イギリス人の旦那様と出会い、こちらに来ることを決断したと言います。
    私は、今は、日本で働く息子の健康が心配です。毎日、やはり残業で、真夜中近くに帰ってくるそうで、私が心配しても、どうしようもないことですが、日本の会社で仕事をしていたら、よほど、良い会社でない限り、サービス残業は、当たり前ですものね。
    ワンニャンには、気を付けてね。喧嘩を仲裁する時も、用心をして!((*^^*)

    1. 百日夢さん、コメントありがとう~♪

      喧嘩でハイテンションになっているところへ、片方を抱き上げようとして手を出したから
      何か危ないと感じて思わず噛んでしまったんだと思います~。
      私が痛い!と言った後はみんにゃ一斉に消えて反省の様子だった(笑)
      不注意でした、私も反省。はい、これからは気をつけます~!
      過去記事も読んでもらえて嬉しいです!ありがとう。
      そうなんです、ドイツに来た理由はブラック企業からの脱出!
      これって簡単に「辞めればいいじゃん!」って思うかもしれないけど
      傍から見ればそうなんだけど、当事者はそう簡単にいかないみたいなので家族が何か言っても難しいところです。。。
      特に真面目で不器用だったりすると尚更。(辞める人が不真面目と言っているのでなくて・・・)
      色々大変だけど今回思い切って決断してよかったと思ってます!
      イギリスもドイツと同じですか~♪
      息子さんのこと心配ですね。離れているから余計にいろいろ考えちゃいますよね。
      日本も働き方が変わるといいですね~それを願ってます!
      いつも応援ありがとうね~ゴンちゃん、かわいいです♡~ヾ(*´エ`*)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA