ドイツ、初めてのKrankenhaus(救急外来)体験。

2018 ドイツ その他

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

9月23日(日)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温13℃、最低6℃。

朝から1日雨。

 

病院シリーズが続き(笑)タイトルを見て、「とうとう、おばさん倒れたか!」と心配?しちゃった人もいるかもしれないが~

期待を裏切ってすまんが元気じゃ~。

 

だけど、

どこの神様か知らないが、「病院シリーズにはこれもいかが?」なんてブログネタを提供してくれたのよ。

ありがたい。

いや違う、恐ろしや~~~~~。

 

 

土曜の夕方、うちの猫と犬がいつもの小競り合いを始めた。

何が原因だか分からんがこの日はヒートアップ。

止めようとしたら手を噛まれちゃったよ~(涙)

 

 

あまりの痛さにぎょえ~~~!

取り敢えず洗面所で良く洗いながら消毒液をたっぷりふりかけ絆創膏を貼り冷やした。

あまりの痛さに痛み止めを飲んだが寝る前に切れ、これでは眠れないともう一度痛み止めを飲んだ。

キズは思ったよりも小さくて2カ所だけ。

これなら時間が経てば治るかも?なんて思いながら呑気に寝たんだけどね・・・

 

 

今朝見たら

ダメだこりゃ・・・になっていた。

噛まれた打撲で痛いのかと思っていたがパンパンに腫れて赤くなり、良からぬ菌が侵入した様子(汗)

 

マズイ、感染症になったら・・・

今月は病院通いでボロボロなのに、今度はこれですかー!と泣きたくなった。

 

 

が、泣いてはいられぬ。

病院、病院・・・あれ? 今日は日曜日~~~~げげげ~。

 

ドイツ語の授業で習ったけど、一般の人が行く病院はHausarzt(ホームドクター)Krankenhaus クランケンハオスは色々な診療科が揃っていて大きな手術、入院、緊急などの時に行く(日本でいう総合病院のようなもの)病院だそうで・・・

そうそう、今回は日曜でホームドクター休みだし、ここに行くしかないと勝手に決め込んでグーグルマップでうちの町の「Krankenhaus」を検索。

 

 

で、電話なんて出来ないから

全くどういう仕組みかも分からないけど行くことにした。

運良く家の近くのバス停から一本で行ける。

よかったよかった♪

 

 

病院前のバス停で降りたのはいいが・・・

病院らしきデカい建物があるのだけど、どこがどうだかさっぱり分からない。

日曜でどしゃ降りのせいか聞く人もいない(涙)

 

暫くふらふらしてたけど・・・あれれ?違ったよ。

Krankenhausは道路の反対側だったみたい・・・それらしき看板が見えた。

 

気を取り直して大きな建物の周りを歩くが、どこが入り口なのかさっぱり分からない~(笑)

いくつかドアを見つけたからトライしたけど、どれも開いてましぇん~。

 

 

で、やっと見つけた入口へ入るとありました!受付らしきカウンターにお姉さんがいるではないか♪

健康保険のカードを見せながら片言ドイツ語で挑戦するも・・・

全く通じない(汗)

お姉さん、パソコンをいじりながら 「あれ?ここの患者じゃないの?」って・・・

だ・か・ら~、ここは初めてって言ってるのに。。。

こんな感じで会話がかみ合わず。

 

 

そんな事をしていたら後ろからご夫婦が来て、奥さんの方が包帯の指を見せて「ケガしたけどここじゃないのね?」←想像翻訳

と言うと受付のお姉さんが何か言ったら「分かったわ。ありがとう。」と言い

今度はおばさんに向かって「こっちらしいから、一緒にいらっしゃい。」と声を掛けてくれたのでありがたくついて行かせてもらった。

まるで一緒に来たかのように(笑)

 

この後は救急外来の窓口に行き、ご夫婦が「一緒に入りなさい」と言ってくれたから入ったんだけど、受付の人に3人とも一緒なの?と聞かれ違うと答えると、「じゃあ、あなたは外で待っていてください。」と言われる(笑)

 

受付が終わって出て来たご夫婦が 「英語が話せるから何かあなたのサポートが出来るかもしれない。助けは必要?」と聞いてくれたので英語が話せない・・・と言うと「じゃあ、ドイツ語でがんばって!」と言ってくれた。

なんて親切なんだ~感動。

英語ね・・・英語が話せてたら苦労はないのにな~(苦笑)

 

 

この後待合室で待ち、先生が呼びに来たので診療室へ。

専門用語になると、さっぱり解らずスマホの翻訳を使ってなんとかしのぐ。

先生も看護師さんもこれに付き合ってくれるのが本当に嬉しい。

 

傷口を消毒して、注射を2本打って、今晩と明日の朝の分の薬をもらって、薬局の処方箋をもらって、ホームドクターへの手紙をもらって、

何の注射なのか分からないから持っていたメモ帳に名前を書いてくださいとお願いすると、「書かなくても大丈夫よ、これを渡すから健康手帳?に貼ってね」と1枚の用紙を受け取る。

明日、ホームドクターに行ってくださいと言われる。

遅くても明後日までに。

 

看護師さんがとても親切で薬の飲み方や処方箋のもらい方を何回も丁寧に説明してくれた。

きっとドイツ語を聞きながら、おばさんの目が怪しく泳いでたからだろう(笑)

 

無事に終了。

 

出口はこっちよ~と教えてもらう。

そうそう、全く違うところから入って来たからね(笑)

 

 

↓こんなもの付けられた~(笑)

2018 ドイツ その他

 

病院へ行ってよかった。

この後も痛くて痛くて悪化してる感じがしたけど、注射もしたし薬も貰ったので心配しなくていい。

 

さて、明日はホームドクターへ行かなければ~。

 

ホント、どうなってるんだ?今月は病院ばっかり行って。。。

 

 

ドイツ在住の新米さん、怪我したり具合が悪くなったら我慢しないで救急外来行ってね~。

ちょっと勇気はいるけど、みんなプロだし親切だから~♪

 

いやいや、毎回書くけど

この記事をみんなが必要としない事を望む。

 

で、片手なのでバタバタに拍車がかかっとります~お返事遅れます~ごめんね。

 

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

Pocket

「ドイツ、初めてのKrankenhaus(救急外来)体験。」への10件のフィードバック

  1. poporiさん!(いつも日記からふるねこさんとお呼びさせてもらっていましたが、他の方々のコメントを読んでそれはハンドルネーム?ではないことにようやく気がつきましたごめんなさい)大丈夫ですか?もう痛くないですか?きっとドイツ語会話で心もお疲れになったかとお察ししますが、行ってみてよかったですね。
    私も娘の皮膚科、無事に済みました(知り合いのドイツの方がヘルプで来てくださり、今回はちょっと楽をしてしまいました)。手、痛みぶり返すことなく、早く完治しますように!お大事に!!ミュンヘンから念を送ります。今日から急に冬到来の寒さですから、お互い風邪にも気をつけましょう。

    1. Sallyさん、コメントありがとう~♪

      悪意のない呼び方であれば好きなように呼んでもらって構わないです~♪
      どんな呼び方でも嬉しいから!
      ご心配ありがとう。腫れと痛みはまだありますが病院へ行ったお蔭で安心できるし
      良くなってきてると思います~。ほんとドイツ語会話、あまりにも通じなくて疲れた(笑)
      無事に娘さんの病院終わって良かったですね!
      ドイツ暮らし、ヘルプがある時には大いに頼りましょう!(笑)
      ミュンヘンからの念、受け取ってがんばります~☆
      ほんと急に冬、お互いに体調を崩さないように気をつけましょうね!
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  2. まさかの病院シリーズ続編!いや番外編!?
    腫れて痛みのある手で、傘を片手に開かない病院のドアを押すのは大変だったと思います。
    やさしいご夫婦と出会えて、ここにも神様が!と思ってしまいました^^

    痛みも相当だと思いますが、お熱は大丈夫でしたか?
    きっと抗生物質が処方されていると思います。
    そうそう、薬の飲み方なんですけど・・・
    日本だと適当に毎食後っていう書き方をされて処方されますが
    よくよく薬剤師さんに聞くと、本当は何時間毎という飲み方なのだそうです。
    6時間~8時間毎なら食後にしておけば忘れないから毎食後表記になるそうな
    寝ている間は、寝ているわけだから効果が出なくても良いでしょうという考えみたいですよ。
    (という話と自己判断を混ぜて風邪薬を6時間毎に飲む危険な私。
    そしてそんな飲み方をしても風邪はすぐには治らないんですけどね^^;)

    日本の関東も秋めいて涼しくなってきました。
    我が家の3匹も小競り合いが多いような気がします。
    もし仲裁で咬まれたら病院にちゃんと行こうと思います。
    komomo姉さん、改めましてお大事に~。

    1. fm_nekonekoさん、コメントありがとう~♪
      お返事遅くなってごめんなさい。

      まさかの番外編!こんなのいらない~(笑)
      こんな目に遭ったけど、ホントここでも助け舟、ありがたや~♪
      傷口はほんの少しなのに痛いのなんのって!ニンゲンって弱いね・・・
      もふもふっ子は病気でもケガでも強いよね・・・。
      調子が悪いと思ったら熱でてました(汗)
      そうそう、抗生物質と破傷風の注射だったみたい~。
      薬の飲み方、なるほど!です。
      そう言えば今年風邪引いた時に薬を色々買い込んだら薬局で「最低6時間は空けて飲んでください。」
      って言われたよ~。
      痛み止めが切れたのがそのくらいの時間かも。

      こっちは一気に冬です。寒っ!
      3にゃんの仲裁の時は手を出さずにクッションとか物で止めてください(笑)
      それでも噛まれたら急いで病院へ。
      でもきっと大丈夫、小競り合いで終わると思う~。
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  3. 一気に色々経験しちゃいなさい!ってことかしら(゜o゜)

    猫に噛まれて・・・って話はよく聞くし、妹も噛まれて物凄く腫れて病院に行った話も聞いたことあるけど!
    救急の経験もしちゃいましたか?
    でも人間ってそうやって出来るようになっていくんだよね!
    私も初めての時にカード無くして、訳が分からないまま警察にいったり!
    でもこういう出来事で乗り越えられるんだよね(;^_^A

    そしてちゃんと治療して貰えて良かった!
    いつも旅で思うんだけど同じ人間同士!
    必死だと伝わったかどうかは分からなくても何とかなっているんだよね( *´艸`)

    お疲れ様でした(*^▽^*)

    1. Anneさん、コメントありがとう~♪
      お返事が遅くなってごめんなさい。

      一気にね(笑)
      噛まれると眠れないほど痛くて、本当にパンパンに腫れるね。お餅みたく(笑)
      想定外の事が起きて、なんだかバタバタしてるうちに色々経験して乗り越えるもんなんだね。
      疲れるけど・・。
      そうそう、必死だと伝わるんだよ~
      ありがたいね~!
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  4. 飼い猫でもいろいろな菌をもっているので、噛まれたら即
    病院に来てねと過去外科で言われた事ありまーす。
    その時の犯猫はぐりちゃんだったです(笑)

    手は痛いし、言葉は通じないし、初めての場所だしと
    いろいろとお疲れ様でした~。
    でもでも、やっぱどこからか助けの手が現れるのね。
    みんなそうやって助け合っているんだもんね。
    数年後pororiさんがドイツ語ペラペラになって、困っている日本人の
    手助けをしているように思えます~(・∀・)

    手の傷、お大事にしてくださーい。

    1. テロテロさん、コメントありがとう~♪

      おぉー、ぐりちゃんにやられたことあるのね~。
      そうそう菌があるから病院へ必ず行った方がいいとググったら出て来た(笑)
      すごく腫れるし痛いしね。
      今回も助けの手が現れて救われました♪
      誰かを助けてあげられるくらいドイツ語が話せるようになったら嬉しいな~。
      がんばろっと!
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  5. まーにゃんてこと!
    噛まれたら、蜂に刺されたのと一緒のケアしてください。
    まずは水でよーくよく、穴から毒を出すつもりで流水で絞り出しながら洗う。
    痛いよ。
    それから抗生剤入りの軟膏をつける。消毒より水で洗う、です。
    抗菌軟膏つけた後、少し熱もってジンジンして腫れるけれど
    一日以内におさまるはずです。
    まぁ、皆さん掻かれているけど経験せよってことかしらぁ?
    早く病院いけてよかったです。私も噛まれたことあるよー
    しかも獣医さんで。獣医さんに手当てしてもらいました。エヘ。
    お大事にねー

    1. Yomogiさん、コメントありがとう~♪

      にゃんてこと!に、にゃったのだ~(笑)
      水でよく洗ったけど、抗生剤入りの軟膏は持っていなかったから消毒しただけ。
      次の日パンパンになって傷口の周りが変色してたから焦って病院へ行ったよ~。エヘ。
      獣医さんで手当てしてもらったって話、よく聞くけど
      Yomogiさんもだったのね~。
      それこそすぐに手当てしてもらえるから助かるね。
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA