【いのち】三浦春馬さんの訃報。

2020 ドイツ 風景いのち

 

 

7月18日(土)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温26℃、最低気温16℃。

晴れ 時々 曇り。

 

お昼近くにパソコンを立ち上げると

ニュースに訃報と・・・

おばさんは最近の芸能人に詳しくないから「三浦春馬さん」と書かれていても顔が浮かばず

でも写真を見たら思い出した。

 

そして衝撃的なのは死因が自殺。

まだ若い。

 

真面目で気配りの出来る優しい人だったと書いてあった。

 

 

なにが?なぜ?どうして?

彼が自ら命を絶たなければならなかったのかは誰にも分からない。

 

だからこそ余計に身近な人達は悲しみ苦しんでしまう。

 

 

 

こういうニュースを見ると嫌でも思い出してしまう。

数年前、おばさんの友人(15歳の時から)の高校生の息子さんが命を絶った。

お母さん想いの優しい真面目な子。

 

それこそお通夜に行っても信じられなかった。

おばさんでさえショックで何が起きたのか受け入れられなかったのだから

友人は言うまでも無く生きる意味を失ってしまった。

 

どんな言葉をかけても彼女には響かない。

本当の辛さは本人と同じ思いをした人しか分からないと思う。

 

「今は誰とも会いたくない、誰とも話したくない・・・

話が出来るようになったら連絡するから・・・ごめんね。」

 

そう手紙には書かれていた。

 

それから何年経っても連絡は無かったけど

渡独する事が決まったので知らせると「会いたい」と返事をくれた。

 

何年ぶりかに会ったけど、相変わらずキレイで変わっていなかったので安心したのを覚えている。

ドイツへ行くのに持っていると便利な物などを沢山買って渡してくれた。

まるで留学する子供でも心配する母親のように(笑)。

 

久しぶりに会って色々と話した。

もちろん息子さんのことも。

 

カフェでお茶しながら泣いているおばさんふたりは目立っただろう。

 

 

自分で人生を終わりにするのには

それだけの耐えられない辛いことがあるはずで・・・

 

突然大切な人を失った人達には耐えられない程の辛い日々が始まる。

自分を責め続ける。

 

同じようなニュースを目にするたびに心がざわつく。

 

悩みを独りで抱え込まないで誰かに相談できる世の中になって欲しい。

優しくて真面目な人が追い詰められるなんてそんな社会はおかしい。

 

そして、

貴方が突然いなくなったら苦しみ続ける人が沢山いることを知って欲しい。

だから・・・

 

 

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

 

↓こちらに登録するとブログ更新を教えてくれるらしいので良かったら使ってみてくださいm(_ _)m
ふるねこ日記 - にほんブログ村

 

お願い 

ちょっとブログに不具合が起きているようで・・・「ブログが更新されない」時があるみたいなので「あれ?」と思った時は済みませんお手数をおかけしますが「再読み込み(丸くなった矢印)」の所をクリックしてみてください。更新出来ない日もあるので、その時はごめんなさいです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

コメント