【ドイツ】海外に暮らしていると、日本の事が心配になる時がある。

2020 ドイツ 風景日常

 

 

 

7月21日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温23℃、最低気温9℃。

晴れ。

 

 

ドイツでもコロナの感染者がまた少しずつ増えてきている。

そしてネットでニュースを見ると日本も日に日に感染者が増えて

不安を煽る記事が目立つような気がする。

 

ドイツに残るか・・・日本に帰るか・・・

そんなことを考えていると余計に感じるけど

「日本は大丈夫なのだろうか?」と。

 

コロナの事ではなくて。

 

ま、コロナ禍で一層不安に感じたのは事実。

海外に住んでいるからこそ見えることかある。

おばさんはドイツにしか住んだことがないから

どうしてもドイツと比べてしまう。

 

日本の首相はハッキリと物事を言わず

日本人特有の曖昧な言葉を並べてのらりくらり・・・

一体、どうすればいいのか?と国民も不安を抱えたまま

答えを待たなければならない。

それで答えが出るのならいいけど、待たされるだけで何も決まらないこともある。

第一、何かを決めるのに時間が掛かりすぎ(笑)。

布マスク2枚にも驚いたけど。

 

それに比べてドイツの首相は

長いスピーチで分かり易く説明してくれて

全ての国民が同じ思いで危機を乗り越えなければならないという訴えが

ドイツ語の分からないおばさんにも伝わってきた。

 

そして決定するのも実行するのも速い。

マスクの習慣のなかったドイツ人をここまで変えるのは見事。

 

人間のことをよく分かっていて、決まりを守らない人が必ず出ることも頭に置き

厳しい罰が待っているのだ(笑)。

 

 

おばさんの人生の殆どは保護犬との生活だった。

それはそれは楽しくてしあわせを沢山もらって感謝しかない。

 

ただ、日本では今でも多くの生き物が殺処分されている。

どれだけ沢山の人が保護活動に力を入れてくれても

悲しいかな焼け石に水状態。

 

 

ドイツのように法律で守る事も出来るはず。

しか~し、国はお金にならないことには見向きもしない。

ほとんどの政治家は自分のご飯と老後の心配しかしないようだ。

 

ドイツ語もろくに話せないし、まだまだ分からないことだらけ。

それでも野良犬、野良猫を見かけない・・・

もしそんな子に出会ってしまっても保護してくれる施設がる。

ここで生活する上でおばさんにとっては有り難いこと。

心を痛めたり、怒りで涙する日々がないからね。

 

で、

日本はお金のために森を削り道路を作ったり住宅を建てたり・・・

その道や住宅は本当に必要なの?

何年か経つと新興住宅には空き家が増える。

本当に必要なの?

(↑の問題はおばさんが日本で目にしたことに関して書いてます)

 

森を追われた動物たちはどうしてると思う?

熊が出た、猪が出た、鹿が出たとニュースでやるけど

住む場所が奪われるんだから命がけだよ。

 

 

自然や動物を大切に思い、守る事が出来ない国が

本気で国民を守ってくれるのだろうか?

 

何だか日本は違う方へ向かっているような気がしてならない。

 

日本人だから、もちろん日本がいい国であって欲しい。

母国だからね。

 

「海外に住んでいて何言ってんだよ~」と言われるかもしれないけど

だから余計に心配になるのかもしれない。

どこの国に住んでいても日本人には変わりない。

 

 

おばさんは年金をもらえるかなぁ・・・

年金支給開始年齢が引き上げられて70歳とか75歳なんてなったら・・・

あぁ~、今考えるのはやめておこうww

 

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

 

↓こちらに登録するとブログ更新を教えてくれるらしいので良かったら使ってみてくださいm(_ _)m
ふるねこ日記 - にほんブログ村

 

お願い 

ちょっとブログに不具合が起きているようで・・・「ブログが更新されない」時があるみたいなので「あれ?」と思った時は済みませんお手数をおかけしますが「再読み込み(丸くなった矢印)」の所をクリックしてみてください。更新出来ない日もあるので、その時はごめんなさいです。

 

 

 

スポンサーリンク




 

コメント

  1. jupimaruvie より:

    感染者が増えている中、Go toキャンペーンとか、常識では考えられない…

    地方出身の知人は、お兄さんが無くなっても、親から葬式には来るな、お盆も来るなと連絡が来たと言ってっました。東京から家族がきて、万一誰か感染者が出たらその地に住んでいられないという感覚は、まだ根強くあると思っているのですが、政治家の方たちは、選挙以外は、地元って意識にないんでしょうね。

    自転車で15分の所に住む叔母にも、しばらく会ってないですね~
    もうしばらく、電話で我慢します。埼玉も連日50人を超えてきていますので…

    pororiさんも気を付けてお過ごしください。
    お嬢さんたちの為にも!オットさんの為にも!

    • porori より:

      jupimaruvieさん、コメントありがとう~♪

      また増えてきてますね・・・日本は検査の数が増えた事も数に反映してるのかもしれないですが・・・。
      ウイルスは目に見えないから厄介ですよね。
      お葬式に出られないとか・・・言われた方も言う方も辛いですね(;´・ω・)
      早く不安なく人に会えるようになるといいですね!
      私も気をつけます~!
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  2. jupimaruvie より:

    無くなって→亡くなって

    言ってっました→言ってました

    でした。m(__)m

  3. あやこ より:

    長年の保護犬のお世話、素晴らしいです!私も小さい頃飼っていた犬は、
    捨て犬でした。

    日本のペットの殺処分、胸が痛みます。せめてガスではなく、安楽死で死なせてあげられないかと思っています。

    ただ、最近変わってきていて、近くのショッピングセンター(イオン)のペットショップでも、狭いケージに押し込めるのではなく、
    保護猫を広々スペースに住まわせ、飼う時の条件をデカデカと掲げて、無責任に買わせないようにしています!ちょっとずつ変わってきて嬉しいです。
    まだ古いペットショップは従来の方法ですが、、、(T_T)

    ところで、ドイツは狩猟法で狩猟目的を保護する目的で犬や猫の駆除を認めている、と以前聞いたのですが、、、。今はどうなのでしょう。

    また森林伐採についてですが、日本の森林率は68.4%、ドイツは32.7%(2017年調べ)
    、一人当たりの森林率も日本0.2ha、ドイツ0.1ha(2005年)とありました。
    ドイツもあまり日本の事が言えないんじゃないかな?と思いますが、、、。

    不快な思いをさせてしまったらゴメンなさい。私も環境問題は関心が強いので、つい熱くなってしまいます。これからも応援しています!

    • porori より:

      あやこさん、コメントありがとう~♪

      関心のある方からのコメント、嬉しいです。
      日本も多くの芸能活動をしている方や保護団体の方々、個人で保護活動をしている方々が
      国に訴え続けてくれているので少しずつ変わってきているのは確かですよね。

      ドイツの狩猟法の件ですが、私も日本に居る時にドイツの殺処分ゼロを知った時に驚いて色々と調べると
      必ずこの問題が出て来ました。そして殺処分ゼロではないいんだと・・・思ったことを覚えています(;´Д`)
      ただ、こちらに来てから調べると狩猟の犠牲になっている犬や猫の中にはドイツ語でHaustiereペットと書かれていて
      飼い主のいる犬や猫が含まれているようです。そうなると命を奪われることには変わりないんですが飼い主も家も無く行き場がなくて
      処分されるのとはまた別の問題かと思えます。それに日本ではあまり騒がれませんが日本にも狩猟をする人達がいます。
      ここからは10年ちょっと前の話になりますが、私の住んでいた森では日常的に子犬、仔猫はもちろん成犬、老犬等捨てられ
      保護するのに時間が掛かったりすると撃たれてしまい間に合わない子もいました(涙)。近所の猫達も。
      森で動く物はなんでも撃つ、そんな感じです。それこそこの数は殺処分に含まれていなのではないかと。
      今でも田舎はそうです。番犬で飼って散歩は面倒くさいから夜離すとか・・・。
      場所に関してはそこにお住いの方に迷惑をかけるといけないので書きませんが。
      あっ、話が長くなってすみません(;´∀`)
      今はどうなっているのか調べてみました。↓ドイツ語ですがこちらが狩猟法が載っています。
      https://de.wikipedia.org/wiki/Jagdrecht_(Deutschland)
      2006年に新しく変更になった部分もあるようですが・・・犬や猫の駆除の件では
      「特定の条件下で密猟犬や飼い猫を殺すことが出来ます。一部の州では猫の殺害を完全に禁止しています。これにより、連邦州の狩猟法のさまざまな規制を考慮に入れる必要があります」と書かれていました。
      森林伐採の件は、私の記事の書き方がよくなくて誤解させてしまいすみません。殺処分の件はドイツと比べ書いたのですが、
      こちらの件は比べるのではなく日本で目にして感じたことを書きました(;^_^A
      補足しておきますね。
      毎日日本の保護活動の記事を見ていると思わず国はどうにか出来ないものかと・・・
      そんなジレンマがあり記事を書いてしまったけど、家庭の事情とはいえドイツに居て保護活動出来るわけでもないし
      お金があるわけでもなんですよね~(つД`)ノ
      こちらこそ記事を読んで不快な思いをさせてしまった方にごめんなさいです。
      でも国のトップが自然や動物を大切に思う気持ちを持っていないと良い国にはならないと思います。
      子供達の未来に繋がっていますから。
      いつも応援ありがとうございます~これからもよろしくお願いします~ヾ(*´エ`*)ノ

  4. 白日夢 より:

    pororiさん

    こちらでは、ドイツでも、多分そうでしょうが、ペットショップでは、ペットを売っていないんですよね。 ペットフードとか、他のペット用品とか。
    でも、日本では、ペットをガラスケースに入れて売ってるんです。
    どなたかが言ってましたが、ペットショップで、1週間で買われなかったら、殺処分になるそうです。
    それを聞いて、ショックを受けました!!

    日本の政治家、日本の政治に、あきれ果てることが多い今日この頃です。
    多くの日本人は、腹を立てているのではないかと思います。
    GO TOキャンペーンも、本当に国民が望んでること?
    それなら、洪水の被災地に支援する方が先じゃないかと思います。

    • porori より:

      白日夢さん、コメントありがとう~♪

      ドイツもペットショップでは売ってないです。
      日本のペットショップやブリーダーの裏側をもっと多くの人に知ってもらいたい。
      そして法律で厳しく取り締まって、お金儲けのために動物の命を
      もてあそぶようなことがなくなればいいと思います。虐待ですから。

      私達はネットのニュースでしか情報が入らないから、余計色々と心配になりますよね。
      選挙の事だけ考えていないで国民と向き合ってくれる政治家が必要だと思います。
      あっ、コロナ禍の中、頑張ってくれている政治家もいます!
      そういう方がもっと増えて欲しいですよね。
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ