ドイツ、初めてのMRT検査。

 

スポンサーリンク



 

 

 

9月17日(月)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温26℃、最低13℃。

晴れ。

 

さて、本日いよいよ第2ステージに(笑)

それまでの話はこちら→

 

 

検査に向かったのはMRT-Zentrum Düsseldorfという所。

 

受付で名前と告げて健康保険証と紹介状を提出。

またここでも問診票を渡され待合室へ。

 

今までなかった同意書みたいな書類もあったり・・・

読んでも内容が全く分からない所が何カ所かあり・・・

スマホでグーグル翻訳に頼ってみるが、全く意味わからん(涙)

 

で、

困りに困って隣に座っていた若い日本人ご夫婦(勝手に夫婦だと思ったけど、違ったらすみません)にちょっと声を掛けてみた。

「これはなんて書いてあるんですか解りますか?」って。

するとすぐに見てくれてたんだけど、丁度受付の人が「○○さん、まだですか?」って言いながらやって来た~。

解らないんです・・・と言うとこっちへ来てください~って言うから

待合室から受付に移動。

 

 

問診票を渡すと分からなかった所も説明しながら(意味解らんけど)印をつけてくれて、全てに目を通してOKだからまた待合室で待っててくださいとな。

この時もドイツ語が少ししか出来なくて・・・と説明するも、緊張と慌ててたからシドロモドロ。

全くドイツ語が話せていない(笑)

それでも受付の女性は親切で、「大丈夫、問題ない。」と笑顔で何回も言ってくれた。

ありがたや~。

 

 

待合室に戻ると、さっき話し掛けた日本人のご主人が「大丈夫でしたか?」と聞いてくれてたので「英語もドイツ語も出来ないから解らなくて・・でも何とかなったようです。」と答えると「良かったですね。」と言ってくれた。

ご夫婦はスタッフと英語で会話。カッコイイ~。

 

そして終わったらしく帰る時に「お先に失礼します。」と声を掛けてくれた。

礼儀正しい日本の若者よ~おばさんは嬉しいよ~。

見知らぬおばさんに親切にしてくれてありがとうね。

 

 

さてさて、心細いおばさん頼みの綱だった日本人がいなくなってしまったぁ・・・不安(汗)

 

暫くして呼ばれて部屋に入る。

ここではMRT(日本ではMRIだったけど・・やることは同じ)を撮る。

部屋といってもそこは狭くて、レントゲン技師?さんが言った「ドアを閉めて、鍵をかけて。」に従う。

その後は「心臓にペースメーカーは入っていないか?」とか「金具類はついていないか?」みたいな質問をされる。

因みに、服の小さなホックとズボンのファスナーやボタン類は聞いたら大丈夫とのこと。

あ、ベルトは外した。

 

準備をして待っていると呼ばれていよいよレントゲン室へ。

この時のレントゲン技師さんがとても親切でドイツ語でゆっくり説明してくれるからよく解り問題なくMRT撮影が始まる。

10分位って言ってたよ。

 

大きな音がするからって耳栓したけど・・・

聞こえるよ~~~ガチャガチャ大きな音が(笑)

 

 

無事終わった時には違う技師さんが早口で説明してくれる(汗)

「服を来て待合室で待て」ということしか理解できない(笑)

 

取り敢えず待合室で待つ事に。

周りの人を観察しながら(笑)

 

ちょっと流れが分かったよ。

終わったらレントゲンの画像が入ったCD-ROMを受け取って帰るらしい。

おぉ~、今時はこれなんだ!と驚く。

 

自分の名前が呼ばれ行くと・・・ぎゃ、早口の技師さん(汗)

案の定説明は早口(笑)

でもきっと、彼女にとってはゆっくり話しているんだと思う。

 

「紹介状を書いてくれて病院へ予約を入れてCD-ROMを持って行って」という内容かと解る所だけで解釈する ←いいのかこれで?

 

お礼を言ってMRT-Zentrum を出た。

 

書かなかったかもしれないが、ここまで(ホームドクター、神経科、MRT)全て無料。

支払いは何もしていない。

かかっているのは交通費だけ。

 

 

では、第3ステージの扉を開けよう(笑)

 

再び神経科の受付へ。

 

名前を言って健康保険のカードを提出。(日本人の名前を聞き慣れていないから解らない事が多いので)

 

今MRT-Zentrum へ行って来た事をCD-ROMを見せながら伝え、予約がしたいと言う。

前回お世話になった受付のお姉さんなのでドイツ語が話せない事を知っているからスムーズに進行(笑)

10月に予約が取れた。(本当に毎週病院通い、トホホ)

で、CD-ROMはどうしたらいいのか聞いたら、診察の時に持って来てと言われる。

了解。

 

これで今日のステージは終了。

 

 

今回のMRT-Zentrum 受付での会話やレントゲン技師さんとの会話が怪しいから・・・

本当に無事に進んでいるのかは定かでない(笑)

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

Pocket