ドイツ、ホームドクターから紹介状をもらったら・・・の続き~。

2018 ドイツ その他

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

はい、前回の初の紹介状にあたふたするおばさんの話の続きとなります~。

今日も読みに来てくれてありがとう。

 

まだ前回を読んでない人はこちらをどうぞ→

 

 

ホームドクターから紹介状と受付のお姉さんから掛からなくてはならない医者の住所(数か所)が書かれている紙をもらって、予約を入れることに電話応対がまだ出来ないから相当パニクッていたのは覚えている。

それに、一度家に帰ってしまうとまたデュッセルドルフまで来るのは時間と交通費がかかるので何が何でも予約を取りたいのだ~。

 

 

そして確か、「落ち着け」と呟きながらどこかに座ったんだよね。

どこに座ったか全く覚えていない。

その辺に座ったか?はたまたベンチか?

そんな事はどうでもよい(笑)

 

 

とにかく予約を入れる病院を探さないと。

まずは眼科から。

ドイツの住所は通りの名前になっている。

デュッセルドルフで知っている通りって・・・

日本人街として有名なImmermann Str.(インマーマン通り)しか知らないんだな~(笑)

 

 

迷わずそこの住所の病院をグーグルマップで確認し、歩き出したんだけど

病院の住所の書かれた紙を見ていたら、ふと見たことある住所が目に入った。

Oststr. ・・・これはこれは・・・うん~と・・・

 

あ、

ホームドクターのある建物だ!

引き返してみると、当たり~♪

な~んだ、ここに眼科もあったのか(笑) ←最初に確認しろ~。

 

 

↓4階にあった。(日本の5階)

2018 ドイツ その他

急いで神経科も探したけど、なかった。

残念。

 

 

ドキドキしながら4階(日本の5階)まで駆け上がり(エレベーターは車いすの人などで混んでいた)

息を切らしながら受付へ。

もうこの時5時近かったから病院終わっちゃうと困るんで慌てた。

 

 

初めての所って勝手が分からないね~(汗)

取り敢えず受付に行くと若いお姉さんがいたので、挨拶のあと名前を言って紹介状を見せて予約がしたいと言ってみた。

 

すると、お姉さんはドイツ語で何か言って来たけど・・・解らないよ(汗)

「ごめんなさい、解りません」と言うと今度は英語で・・・

「申し訳ない、英語も話せない。ドイツ語を少しだけしか話せない。」と言うと

 

「OK、予約ね?」と笑顔で言ってくれたので一安心。

 

曜日や時間はもう、会話出来ないんだから、言われるまま即OK!OK!と答え(笑)

1ヶ月先に何とか予約が取れた。

よかったよ~。

 

ホッとする間もなく次は神経科へ。

 

今度こそ知っている住所はImmermann Str.(インマーマン通り)だけ。

急いで行ってみると1階にある薬局の所に日本語で案内が出ていた。

げげげ~、5時までって書いてあるではないか~。

もう踏ん張りどころなので、ダメもとでも~と思って階段を駆け上がる。

4階?だったか・・・忘れたけど、またエレベーターはいっぱいだったから。

 

 

病院の入り口のドアが開いていたので飛び込んだ。

(ドイツでは病院など普通はドアが閉まっていて、ベルを鳴らすと中から鍵を開けてくれるシステム。)

 

受付に年配の女性がいたのでもう終わりですかと聞いたら、どうしました?と聞いてくれたから(ちょっと不機嫌だったけど、笑)

紹介状を見せなら予約がしたいと言ったら

「初めてよね?」と聞かれ

「はい。」と答えると

 

「予約は10月までいっぱいで、11月になります。」とな。

「えぇー、11月?!」と驚くと

 

受付の女性は「だって休み(Urlaub)になるし」と言ったんだけど・・・

これは女性が休みなのか?病院が休みなのか?よく分からず・・・

っていうか、帰る支度をしてて全くやる気なしな感じ。

時間過ぎてるから仕方ないけど(笑)

 

何だか気が抜けて困った顔してぼーっと立っていたと思う。。。

すると、受付の女性がおばさんの持っていた病院の住所が書いてある紙を「ちょと見せて」と言うから渡すと

 

1ヶ所を指さして

「この病院はここの裏側にあって近いから、ここに行きなさい。」みたいなことを言ってくれたのでお礼を言って迷わずそこへ向かった。

受付の女性愛想はないけど、親切だね。(ドイツあるある、笑)

 

 

 

本当に裏側の通りにあったよ~。

助かった(笑)

 

後は予約が取れれば・・・と受付へ向かう。

 

ここは6時までだったからよかった~なんとか間に合った。

 

ここでも受け付けのお姉さんが何やら色々話し掛けてきて、解らないって言うと困った顔で話が進まない(汗)

 

暫く受付のお姉さん2人が首を横に振りながら何やら話していたけど、諦めたらしく(笑)

「2週間後に来れますか?」と聞いてくれたので

「はい!」と即答。

 

無事?予約の紙を頂きました~☆!

 

 

やれやれ(笑)

 

つづく。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

今日も1日ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

Pocket

「ドイツ、ホームドクターから紹介状をもらったら・・・の続き~。」への6件のフィードバック

  1. ふるねこさん、こんばんは。「インテグレーションコース 難しい」のSallyです。お久しぶりです。ふるねこさんブログを時々拝見し、その度私もブログ…と思いながら、まだ腰(筆)は重いままでございます。痺れ、心配ですね。大丈夫ですか?外国にいて、現地語や英語がスムーズでないと、細かいことが伝えらえれない&言われても理解できないので、すごく不安になりませんか?私もいつも、病院の予約は直接行きます。電話だとなおさら聴こえないのは、私だけじゃなかったようでまたまた安心(;_;)二話続けて読んで、無事に取れたようで私も嬉しくなりました、おめでとうございます!なんだかもう、ここで達成したような気分になりますが、本題というかラスボスというか(笑)それはこれからですもんね。私も今週、娘の皮膚科に主人が同行できなくなり(初診で一人は初めての体験)明日は先生に見せるためのレジュメというか、今までの経過を紙にまとめなければと思っています(汗)
    私は今、諸事情で1か月半ほど休学中ですが、この間に忘れと遅れを取り戻さないと、とても復学できそうにないです…病院も勉強も、ふるねこさんに続いて頑張ります!ふるねこさんもお大事に&がんばってください!!

    別記事ですが、洗濯機の掃除が大変参考になりました。ありがとうございました(*^^*)

    1. Sallyさん、コメントありがとう~♪

      お久しぶりです!お元気そうで嬉しいです♪
      海外での病気、病院へ行く事は相変わらず不安だらけです(汗)
      ブログに書いてるようなことは自分だけかと思ったりもするけど(笑)
      それでも書いておけば誰かが読んでくれて同じような不安に駆られなければと思ってるんですが。
      コメントの「病院の予約は直接行く」と読んで自分だけじゃなかったんだ~と私も安心しました~。
      そうそう、問題は当日よね(笑)
      娘さんの病院もなかなか手強いですね・・・。
      書いて行きましたよ~!調べてドイツ語で。経過とか普段の生活とか症状とか・・・
      グーグル翻訳が怪しいので、結構時間がかかっちゃいました~。
      でも、そのお蔭で先生には伝わったようです(笑)
      今、休学中なんですね。
      バタバタしてると学んでも身に着かないような気がするので落ち着いてからの方がと思います♪
      子育て中だと、落ち着く暇なんてないかもですが・・・。
      おぉー、他の記事が参考に!よかった~うれしい~こちらこそありがとう~♪
      いつも応援ありがとうね~ドイツの空の下、お互いにがんばりましょうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  2. こんにちは。初めてコメントさせていただきます。私は夫の仕事の都合で今年の1月からドイツに住んでいます。ドイツ語も英語もろくに出来ず、年齢も40代後半で新しい環境に身を置くことになり不安でいっぱいでした。ネットでいろいろなブログを拝見していてこちらを見つけて、勝手に共感する部分もあり、以来愛読させていただいてます。
    私の住んでいる所は田舎で、地元のインテグレーションコースに通っていますがアジア人は一人もいません。性格もどちらかというと内向的で、白人だらけで若者が多いクラスに孤独感が募り何度も辞めようと思いましたが、何とか続けて今やっとA2に入ったところです。pororiさんが頑張っている様子にとても励まされています。
    と、長々と自分のことばかり書いてすみません。痺れ、大丈夫でしょうか。無事予約ができたようで良かったですね。私も絶対電話で予約なんてできません。。早く快復に向かわれることをお祈りしてます。これからもブログ楽しみにしています。

    1. Natsuさん、初めまして!
      コメントありがとうございます!とても嬉しいです(*´I`*)
      お返事が遅くなってごめんなさい。

      今年の1月からドイツ生活なんですね。自分の都合じゃなくて旦那さまの仕事などで
      海外生活を始めなければならないのは大変だと思います。
      でも、どん底を見なくていいからちょっと羨ましかったりもします(笑)
      それでも不安や孤独はありますよね。
      もちろん言葉の通じないストレスも~!
      インテグレーションコース、はっきり言ってなかなかキビイシイです(汗)
      昼間のクラスにも行って撃沈したから分かるけど、ホント大変。
      Natsuさん、よくA2までがんばった~すごいです!!
      折角がんばっているからこのままできれば続けて欲しいと思います♪
      心と身体に無理のない程度で~(笑)

      いつも、こんないい年したおばさんのアホな話を書いて世界に発信してどうするんだ?って思ったりするけど・・・
      ひとりでも、ほんの少しの部分でも共感してもらえたり、応援してもらえると
      アホが治らなくても落ち込まず、飾らず自分らしくがんばれるのでありがたいです!
      (A2の模擬試験でアホな失敗したので、涙)
      コメントでこっちが励まされちゃいます(笑)
      痺れは年齢的な事もあると思うし、これから検査があるので何か分かると思います。
      ご心配ありがとうございます。
      こんなブログだけど、これからもよろしくお願いしますね~ドイツ生活、一緒にがんばろうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  3. インマーマン通りなら私も分かる(*’▽’)
    予約頑張ったね!凄い!尊敬
    事あるごとに明るく頑張っても自然にストレスは溜まるよね・・・

    お役に立てないかもしれないけれど私のホームページの具合が悪くなった時の外国語送るね!
    http://www.with-anne.com/cn25/pg405.html
    自分が海外で病院なんてなった時のために使うために調べたんだけど
    せっかくだからホームページで紹介してみたの。

    まだ英語だけでドイツ語が間に合っていなくて(今後ドイツ語やフランス語やスペイン語とか追加予定だけど間に合ってない)申し訳ないけど、お医者さんは英語で伝わるし!
    痺れもないけど、自分に必要な症状は追加すればいいし!

    いつから・・・とか、アレルギーとか、領収証についてとかこうして必要なことは先に書いて行ったらしゃべらなくていいもんね!
    私はこの手法でカードの紛失の時に警察で「英語が出来ない」だけで紛失証明書を書いてもらった(笑)
    準備の手がかりに一応送ってみるけど、もう生活も長いから準備は出来ているかもね。

    日本にいたって具合が悪い時には不安でまたストレスになるから、必要なことを事前に英語やドイツ語にしていく参考にしてみてね!

    1. Anneさん、コメントありがとう~♪
      お返事が遅くなってごめんね。

      がんばったよ~。というか
      はっきり言って本当にハチャメチャ(滝汗)
      ストレス溜まるけど、相手の人はもっとストレスだと思うと申し訳なくてね・・・。

      見たよ~!これはいいね。ありがとう。
      英語でも通じるんだもんね~!
      ちょっと今回は間に合わなかったけど(涙)
      ドイツ語で調べた。時間かかった~(笑)
      やっぱり海外色んな所へ行ってるだけあって、あの手この手を持ってるのね。
      感心した!
      いつもお役立ち情報ありがとう~ヾ(*´エ`*)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA