【ドイツ、オリエンテーリングコースの様子】6月の授業に担任がいないとは!?

2017 ドイツ その他 インテグレーションコース(統合コース)

スポンサーリンク




 

 

4月3日(水)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温12℃、最低気温4℃。

 

曇り 時々 雨。

 

 

また学校の話だけど・・・

 

 

今日授業が始まると先生が「問題が発生したのでみんなで話し合わないといけない。」と言いだした。

 

インテグレーションコースの授業でも今の授業でも特に問題が起きたことはない。

だから何事かとみんな真剣に聞き入った。

 

 

先生はゆっくり話し出す

「前に話したようにオリエンテーリングコースは6月まで授業があります。だけど・・・私は6月には新しい夜のクラスを受け持つことが決まりました。だから5月でこのクラスでの授業が終わり。6月にはここに私はいません・・・。」

 

分かるような分からないような(笑)。

 

みんな先生に質問する。

「新しい先生が来るんですか?」  先生 「来ません。」

 

「先生無しで授業ですか?」   先生「それは出来ません。」

 

「じゃ、各自家で勉強すればいいですか?」  先生「それだと出席になりません。」

 

 

 

こんな事が起きるのか? 驚いた。

で、

誰かが「何故、先生は6月まで私達の授業があるのに新しい授業を始めるんですか?」と尋ねると

 

先生はVHSが決めていることだから・・・と。

 

 

そして、

6月でやらなければならない授業の時間を4月、5月に振り分けようという提案が。

 

例えば、

月~水曜日の授業を → 月~金曜日までとか。

働いている人達にとって週5日夜学校に通うのはキツいという意見が出た。

 

 

他には

土曜日にまとめて6時間授業を受ける。

これは土曜日が仕事の人がいるので・・・。

土曜日が仕事でない人はOKだったりもするが。

 

 

あと、

月~水曜日の授業を1時間多くする。

 

結構色んな意見が出ていた。

こんな時、みんな遠慮なく自分の都合と意見を述べる。

だからまとまらないんだけどね(苦笑)。

先生は頭を抱えていた。

 

 

 

おばさんは働いていないし、家のことは自分の都合でどうにでもなるので「いつでも問題ない。」と答えて終わり(笑)。

ま、毎日学校となれば体力的に大変だけど(汗)。

 

問題はオットだな・・・。

週5日になっても・・・夜1時間延びてもとても大変。

土曜日は仕事だし。

 

 

結局決まらず。

 

取り敢えず「その都度話し合って決めましょう。」ということになった。

 

 

で、

明日は授業の予定。

街のMuseum(博物館)のひとつが月に一度無料で入場出来る日なのでそこを見学しながらの授業だそうだ。

 

さてさて、この後の授業は一体どうなるかしら???

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

試験が終わったけど・・・バタバタなのでしばらくコメント欄を閉じます。ごめんね。

急ぎの場合は「お問い合わせフォーム」からお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

スポンサーリンク