【ドイツ、インテグレーションコース】A2模擬試験で大失敗。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

只今、語学学校が2週間の秋休み中。

ここで書けないでいた9月に行われたドイツ語A2の模擬テストの結果の記事をと思ったが

おばさんは、とんでもないことをしたので結果が詳しく書けないのだ~。

 

それでも簡単に書いておこう。

 

模擬試験とはいえ、現在の実力を知るのには必要な試験だと思っていた。

授業に全くついていけず・・・未だにドイツ語が思う様に話せないのだから・・・

これで最終試験のB1を受けるのは心もとない。

 

せめて今、自分がどの位の実力なのか知り、対策を立てなければならない(汗)

 

そんな思いで挑んだ訳だけど

(ハッキリ書くと、勉強不足は否めず・・・半分ヤケクソ諦めの気持ちで受けた)

 

試験1日目

 

模擬だからか、席はいつもの授業と同じで直ぐ両隣にはクラスメートが座っている状態。

 

問題用紙が配られ先生の説明を聞いた後始まる。

 

Hören (聴解) 25分

Lesen(読解) 45分

Schreiben(作文) 30分

 

この順番で。

 

解らないと先生に質問する生徒もいて「試験だから答えられません。」と言われる(笑)

 

 

試験2日目

Sprechen  (口頭) 16分

先生が決めたペアで試験に臨む。

内容は

● 自己紹介と先生からの質問に答える。

● 友達の誕生日プレゼントについてプランニング。

 

試験中の生徒以外は教室で問題集を解くことになっていたが、みんなペアになって会話の練習。

 

おばさんと組んだトルコ人のSさんはノートにびっしりと色んな会話が書いてあって驚いた。

仕事と子供がいるから全く勉強できないと言っているが、きちんと勉強してるんだなぁ・・・と。

 

そして、おばさんがあまり話せない事を知っているから特訓(笑)

 

我々の番はすぐやって来た。

Sさんが話せるからプランニングはちょっと頼れると思って安心していた。←おいおい。

 

でも、始まると・・・

緊張からかSさんはプランニングの所になると「先生の言ってることが私には理解できない・・・。」と黙ってしまう・・・げげげ~。

 

ど、どういうことだ・・・何が起きた???

 

勿論おばさん、焦りまくり(滝汗)

な、何を話せばいいのか・・・

 

本来ならここでペアであるおばさんが上手にリードしてあげればよかったのだが、そんな力は残念ながら持ち合わせていない(涙)

取り敢えず、「プレゼントは何にする?」と聞いてみたが

「何?解らない・・・意味が解らない」と言われ・・・

一緒に黙り込む(笑)

 

 

困った先生が「私があなた達の友達で来週誕生日なの。プレゼントは何を買う?そして、それを選ぶ理由は?」なんて親切に説明してくれた。

が、彼女はパニック状態。

他人事ではない。同じくパニック状態じゃ(笑)

 

先生がおばさんに「何を贈る?理由は?」と聞いて来たから

「映画の券を贈る。彼女の趣味が映画鑑賞だから。そしてみんなで一緒に観に行きたいです。」と言ってみた。

友達の趣味とかは問題の用紙に書いてある。

内容はこんな感じだけど、文法は正しくは話せていない。

 

 

なんとか終わった感じ。

 

教室へ戻るとみんなが何点だった?と聞いて来たが・・・

は?点数?・・・おばさん、聞き取れていなかったようだ(涙)

Sさんが「13,5点だよ。」とノートに書いてくれる。

あれ?パニクッていたのに・・・冷静に点数聞いてたのかっ!(笑)

 

他の生徒は、ほぼみんな満点の15点だったらしい。

簡単、簡単という声が飛び交っていた。。。

 

 

次の週1日目の試験の答え合わせ。

問題用紙と解答用紙が帰ってくる。

が、どれも写真禁止。

そして、書き込み禁止。

さっと見たら再び回収なのだ。

 

 

で、今回おばさんが犯した大きな失敗は・・・

解答用紙に答えを書かなかった事。。。

自分のアホさに言葉を失う。

これは試験が終わった時にオットと話して分かっていたのでこの時は動揺なし。

 

 

何故こんな事が起きたのか・・・(苦笑)

 

答えは簡単。

先生のドイツ語が理解できていないのよ(涙)

 

試験前の説明で「問題用紙にも答えを書きこんでもいい」という所を「問題用紙に答えを書き込む」と聞いてしまったぁ~。

 

おかしいと思ったんだよね。

その後、一番最後に解答用紙があることを説明していたし・・・

普通ならここで気づくはずだけど・・・おばさんは普通ではないようだ(笑)

ここでドイツ語を理解できていない事がバレバレ~。

 

という事で・・・採点されないよ(笑)

みんなに模擬試験でよかったね~!と言われる。ホント、ホント。

これが本番だったらぶっ倒れてる。

 

 

でも、同じ失敗をした人が他にもいたみたいだ・・・解答用紙に書いていたら全問正解だったのに!って言葉が聞こえてきた。

 

 

とにかく、ボロボロの試験結果でした~。

 

う~ん、B1受かる気がしない・・・

でもでも、がんばるべ~~~♪

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
今日も1日ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

Pocket

「【ドイツ、インテグレーションコース】A2模擬試験で大失敗。」への4件のフィードバック

  1. 模試で良かったですね~
    試験は緊張するから、普段できることもできない…
    Sprechenは、同じような、”お見舞いに行く”でした。
    予定を合わせて、何を持っていく?って感じ 。
    でも、その前の質問のほうが必死だったような記憶があります。
    互いに指定のキーワードを使って質問する。相手が答える・・・
    で終わりかと安心したとたん、”Und、Sie?”とやられた(汗)
    話が違わない?ま、相手の子も自分がやられると困ると思ったのか、
    1回だけだったけど、十分心臓に悪かった(涙)ので、覚えています。
    ゲーテも試験問題は回収されて、試験結果がネットに出るだけだから
    どこをどう間違えたのか?記憶に頼るだけですが、都市伝説のように
    A1だと”こんなんでたよ~”情報が流れてきたりしてました。

    一度間違えたら二度としないから、本番は大丈夫!
    でも、設問や説明って分からないことが多いよね~
    でもね、確実に進歩してるから大丈夫よ♪
    この前、入門編(初級ではありません)のテキストを久しぶりに見たら、わかるの!
    あんなに❔マークだらけだったのに、1年もやってないのに(っていうほどの事か?)
    だから大丈夫!絶対進歩してるから!!(入門が判ってもあんまり説得力ないか?)
    周りも一緒に動いているからそう見えないだけだから。
    ふぁいと~

    1. jupmarvie(姉 )さん、コメントありがとう~♪

      よかった、よかった、本当に模試で(笑)
      そうそう、緊張するする。
      そちらは”お見舞いに行く”でしたか・・・それも難しそうだね。。。
      相手によってだいぶ変わるみたいで、ほんと心臓に悪い(汗)
      人(母国)によっては発音が聴き取りにくかったりもするからね~(滝汗)
      ゲーテも回収!色々と揉んだが起きるといけないからね。
      それでも情報が流れるんだもんね(笑)

      はい、本番は間違えないと思います!(笑)
      全てドイツ語の説明・・・ほんと解らないのよ~(涙)
      すご~い、1年もやっていないのに忘れてないなんて~!
      いやいや、入門編は大事だよ。
      そっか、少しずつは進歩してるのかな?
      いつも応援ありがとうね~進歩してると信じてがんばります~ヾ(*´エ`*)ノ

  2. 本当に模試でよかったですね
    でもsprechenで13.5取れるなんてすごいです。
    私のB1 はボロボロでしたよ笑
    まだっ結果はきていませんがきっと落ちていると思います。
    お互い焦らずゆっくりやっていきましょうね

    1. kiyomi matsudaさん、コメントありがとう~♪

      はい、本当に模試で助かりましたよ~(汗)
      sprechenの点数はB1の本番のテストだと専門の先生が立ち会うけど
      模試なのでいつもの授業の先生だからちょっと甘いんだと思います・・・。
      自分からは殆ど話せなかったから・・・
      これを鵜呑みにしてると痛い目に遭いそうです(笑)
      B1試験の結果待ちなんですね。
      良い結果が出ますように☆!
      そうそう、焦らずゆっくりやっていきましょう~♪
      がんばらなきゃと思うとよけい頭が動かなくなるから(私だけ?)
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA