【ドイツ】唐揚げを作る。片栗粉が手に入らず。

2019 ドイツ 風景生きるための食(料理)

 

 

 

12月4日(水)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温6℃、最低気温-2℃。

晴れ。

 

 

まず初めに

今回のオットの件ではブログを読んでくれている皆さん

色々とご心配、応援、本当にありがとう~~~。

 

 

オットは直ぐに辞められないからテンション下がってるけどぉ~。

今焦って、何が何でも!と動くとドツボにはまりそうで・・・

 

 

そして、

2015年、クリスマスの真っ最中に地獄に落ちて怖ろしい思いをしたから

それがおばさんの心の中で大きな傷になったようで・・・

 

トラウマっていうの?

あれ以来クリスマスになると何とも変な気持ちになって楽しめない。

 

でもそれも徐々に何年か時間を掛けて治りつつあったのに

また、

クリスマスに

これか~いっ!?(笑)

 

残念ながら今年のクリスマスは楽しい気分になれなさそう・・・

 

 

 

しかーし、

そんな事ばっかり言ってられない。

 

オットはがんばってくれてるんだからせめて身体を壊さないように

好きなおかずでも作ってあげましょう♪ではないか。

 

で、

日本から簡単にできて美味しい唐揚げ粉を買って来たと思っていたが

すっかり忘れたらしい(笑)。

 

 

いままで送ってもらった唐揚げ粉を使ってたからなぁ・・・(汗)。

 

慌ててググって鶏肉を漬け込んだ。

粉は片栗粉と小麦粉を半々に使うとカラッと揚がり美味しいらしい。

 

でも、

片栗粉が切れてたよ・・・(涙)

いつもはデュッセルドルフの日本食材店で買ってるけど、ちょいと今からじゃ間に合わない。

 

 

で、

ドイツでも片栗粉は使うだろう?!とググってみたら

あったよ。

「Kartoffelmehl 片栗粉」

 

 

昼食に間に合うようにスーパーへ。

 

が、

一件目のスーパーになくてビックリ!

ここ、結構大きなスーパーなんだけど・・・

 

で、

めげずに次のスーパーへ。

ここでも聞いたけど「置いてない」って~!

 

で、

諦められずにもう一軒。

今度こそ!の気持ちで聞いてみたが

ここにも置いてないって・・・。

 

おいおい、ドイツ人は片栗粉を使わないの?

 

 

もうね、タイムリミット。

諦めて帰り・・・小麦粉だけで揚げたよ。

 

そしたら、なんと、

これが旨いのなんの♪ ←自分で言うか(笑)

 

オットも美味しいと喜んでいた。

 

こんな事なら片栗粉を探して走り回らなきゃよかったよ。

疲れただけだもん。

 

 

時間に追われてたから写真撮れなくて

 

↓食べる前に「あっ!」と思い出して撮ってみた(笑)。

2019 ドイツ その他

 

ただね、ドイツでは鶏肉の骨を取らないといけないの。

それが面倒くさい(笑)。

 

 

今回使ったレシピ

鶏もも肉 300g

(下味の調味料)

おろしニンニク 一片分

おろし生姜   少々

酒 (うちでは安い白ワイン) 大さじ2

醤油   大さじ1.5

ごま油  小さじ1

ラー油  小さじ1

 

これらを鶏のもも肉が入ったビニール袋にいれて揉んで30分冷蔵庫で置いて

 

時間が経ったらそれに卵2分の1入れて揉んでまた30分置く。

 

で、

小麦粉 大さじ3 と 片栗粉 大さじ3を混ぜたのをあえて油で揚げる。

 

 

おばさんは時間がなかったから卵混ぜたらすぐ小麦粉だけ着けて揚げちゃったけどね(汗)。

 

 

肉の量も調味料もテケトー・・・それでも美味しく出来たよ(笑)。

 

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

 

『お知らせ』サイドバーの所に「お問い合わせフォーム」がありますがエラーで使えない状態です。今のところ原因が分からず直せません、ごめんなさい。もし、コメント以外で連絡を取りたい時にはお手数ですがコメント欄にお名前とメールアドレスを入れて「返信」とコメントに書いてください。こちらからメールします。お名前は皆さんに公開になっちゃいますが(;´Д`)

すみませんがよろしくお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

コメント

  1. Yomogi より:

    なんとー!
    ちょっと忙しくしてたらなんてことに!!!
    ダンナさん、文句言わずに頑張ってたものね。
    普通ならだれか助けてくれるものだけど、
    NOと言わないから、押しつけても大丈夫と
    思われてしまってる・お金欲しいだろうからって
    足元見られてるかんじね。

    北海道で15万。
    食べ物はたぶん米と農家さん達から色々頂けると思う。
    住まいと光熱費、そして何かあったときの医療費が、
    人もワンニャン含めてね。
    日本語通じるから仕事は夫婦そろって、なんとかなるでしょう。

    一番は、命だよ。

    スーパーに片栗粉がなかったおかげで、美味しくできたね~

    姉さま、とりあえずドイツ語頑張ってーーーっ

    • porori より:

      Yomogiさん、コメントありがとう~♪

      びっくりでしょ?私もびっくりよ。
      そうよ、ビザの件や諸々で動けない事を知っているから足元みてるのよ。
      残念ながら。

      日本に帰れば言葉の面で精神的に楽になるのは確か。。
      命を一番に色々考えてみるね。
      ドイツ語、がんばるそぉーーーーー!!!
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  2. テロテロ より:

    ご主人、いったいどうしたのでしょう(^_^;)
    頑張っていたのに・・・

    北海道に限らず、自治体によっては空き屋を提供したりといった
    補助制度もあるようなので、サイトとか見て連絡を取ってみる手段
    もあるかも。
    確かに言葉の壁がないだけ、精神的な負担は少ないのかなぁ。

    片栗粉ってドイツではポピュラーではないのかしら??
    こちらだと、色々と料理に使うのにね。

    • porori より:

      テロテロさん、コメントありがとう~♪

      がんばり過ぎて堪忍袋の緒がぷっつり切れたみたい・・・。
      そうよね、知らない制度とかもあると思うので
      焦らずに色々検討してみようと思ってます♪

      片栗粉、日本だと使うよね~。
      スーパーで「甘い片栗粉ならあるよ」って言われて(´・ω・)?ってなっちゃた。
      甘いってなんだ?(笑)。
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ

  3. ipane より:

    Kattofelnmehrは、私はNettoかReweで買ってたと思います (^^)

    • porori より:

      ipaneさん、コメントありがとう~♪

      あー、そうですか!
      その2件はまだ行ってません~。
      これで片栗粉が手に入ります(*^^*)v
      ありがとうございます!!
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ