ドイツ、何歳になっても悩みは尽きないが「生きてるんだな~」と感じる。

2018 ドイツ その他

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

9月16日(日)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 気温見忘れた。。。

晴れ。

 

ここのところ毎週のように病院へ行ったり、語学学校も新しくModul 5に入ったけどまだ今までの所が終わっていないので、そこを凄い勢いで進んでいくから着いていけずにアセアセだったり、今週はA2の模擬テストだったりと・・・

本当にバタバタな日々。

 

でも、テストが終わって少しはホッとした。(とんでもないアホことをしたが・・・)

 

テストの終わった日、授業終了後にクラスメートのY君(日本人)とオットがサッカーの話になり、テレビでブンデスリーガが見れるようになったと言うと「いいな~見たいな~♪」とY君は言った。

Y君の所はテレビがないからもちろんサッカーは見られない。

が、彼は大のサッカーファン♡でとても詳しいのだ。

 

 

で、今日は午後からオットは仕事が休みなのでY君がサッカーを観に遊びに我が家へやって来た~。

 

丁度彼がデビューした時から追い駆けていた日本人選手が出ていたりして盛り上がる。

 

何か御馳走(作れましぇんが、笑)を・・・と考えたが、彼は夏休みに1ヶ月日本へ帰っていたので日本食にも飢えていないと思い手抜き。

ケーキだけ焼いて、あとはポテトにコーヒー、ワイン、冷凍ピザ等々(笑)

すまないね・・・。

 

そんな中、彼は時々今悩んでいることを話してくれる。

語学学校の事や将来の事。

 

どれもこれも答えなど簡単に見つからない問題で、本当に悩ましい。

でも、その内容は彼がまだ若いと言う条件の上で抱えている悩み。

 

人生はいつどうなるか分からないけど、一般的に考えればまだまだ時間が沢山あり悩みながら進み、失敗しても何回でもやり直せると思う。

中年夫婦と違って(笑)

 

 

そんな話の中で彼は我々に 「ドイツで夫婦でがんばっているお2人が羨ましいです。」と言ってくれた。

 

いや・・・問題だらけだし・・・身体のメンテナンスも大変だし・・・

どん底の地獄を味わった事は彼は知らないし(笑)

 

 

ただ、彼の言いたい事は分かる。

それは、ここに家族がいるってこと。

ひとりじゃないってこと。

それが羨ましいと感じるんだと。

 

 

ドイツのこの田舎で我々以外の日本人とまだ出会っていない。

我々も彼が初めてだからね(笑)

 

1ヶ月の帰国でドイツに戻りたくない気持ちになったらしい。

海外生活での孤独が少しずつ彼に襲いかかっているのかも・・・。

 

 

この先どうするかを決めるのは彼自身。

 

 

帰りバス停まで送りながら彼の背中を見ていたら

「こうやってみんな悩みながら生きてるんだな~」と感じた。

 

少しでも悩みを解決できればと思ったけど

仕事や将来の不安を話している時の若いY君は

何故かおばさんにはキラキラ輝いて見えたのだ~。

 

昔聴いた歌詞が頭をよぎった

「みんな悩んで大きくなった~♪」

え?知らない?

若いね~。

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

今日も1日ありがとう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA