【インテグレーションコースの様子】いよいよ今月B1の試験、思った以上にストレスを感じているクラスメート達。

2018 ドイツ その他 インテグレーションコース(統合コース)

スポンサーリンク



 

 

 

3月6日(水)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温12℃、最高気温6℃。

雨 時々 曇  強風。

 

 

今日は語学学校だというのにお天気悪し。

オットと一緒にバスで通学。

 

 

少し遅れたけど、教室に入ったらクラスメートが3人しかいなくてびっくり!

いつもは20人位いるのに。(ちょっと多すぎる気もする)

 

 

先生とクラスメートがカーニバルの話をしているうちにポツリ、ポツリと増えてきて11人になった。

 

 

先生が授業を始めようとしたら

あっちからもこっちからも「試験がぁぁぁぁ」という声が上がる。

 

「ストレスが、ストレスが・・・」

「テストの時間はどのくらいですか!?」

「sprechen(話す)の問題はどんなのが出るんですか!?」

「試験を受けた人が○○の問題が出ると言ってましたが本当ですか?」

「sprechen(話す)の写真を見て説明するのはどうやると良いのですか?」

「sprechen(話す)でパートナーとのプランニングはどんな問題ですか?」

等々質問が続く。

 

 

授業どころではない。

 

と言うか、

おばさん以外の人はドイツ語を話すのに問題がないレベル。

模擬試験の時にみんなB1をもらったのだから。

 

 

なのにみんな試験のことで不安やストレスを持っているようだ。

この先生とのやり取りも、どんどんみんな発言してドイツ語でベラベラ喋っているんだよ。

おばさんには速いくて聞き取れないし、何を言ってるのか解らないところも多いのに(汗)。

 

 

隣の席のAさんは毎日ストレスで疲れると言う。

気持ちはよく分かる。

 

家にいて試験勉強するんだけど気がせいて今までよりも頭に入らない。

そんな思いをしてるのは自分だけかと思っていたが・・・

クラスメートも同じ様だ。

 

 

こんな状態だから昨日ブログに書いた宿題の答えを教えてもらおうと思っていたが、今はそんな事を聞いている場合ではないな。とおばさんは静かに見守った。

 

 

先生も一生懸命色々な情報を教えてくれるんだけど、

みんなの質問が激しくて・・・

そんなこと先生でも分からんだろう・・・と言うようなことまで聞く(笑)。

 

 

それを聞きながら、これだけ話が出来るのならクラスメート達はsprechen(話す)のパートナーとのプラニングは全く問題なし!と本当に思った。

 

 

若くても、勉強の出来ないおばさんでも

試験前は不安だったり焦ったりするもんだ~。

 

 

ナーバスにもなるさ。

 

みんながんばれ~♪

 

 

勿論、おばさんもがんばるよ~。

試験というか・・・ドイツ語を♪

 

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. テロテロ より:

    皆さん先生を質問攻めに出来るくら、ドイツ語を
    話せるんですね~。
    勉強の度合いもあるけど、ドイツ語に接する時間が
    長いとかの状況もありますもん。
    ここは焦らずpororiさんのペースでお勉強を進めましょ~(・∀・)

    • porori より:

      テロテロさん、コメントありがとう~♪

      そうなのよ~、みんな先生と問題なく会話が出来るの!
      私は質問するにも考えないと、いや考えてもドイツ語が浮かばない(涙)。
      もうね、焦ってもどうすることも出来ないのでマイペースで進みます~♪
      って言いながらも、試験と聞くと焦るんだよね~(笑)。
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ