【ちょこっとドイツ語】「Guten Tag!」さようなら!?#3

2019 ドイツ その他 ちょこっとドイツ語

 

スポンサーリンク

ちょこっとドイツ語

 

こんにちは。

日本語しか話せない50過ぎのおばさんがドイツに住んで只今ドイツ語を勉強中。

現地で暮らせばすぐに話せるようになると思ったら大間違い、とにかくおばさんにとっては全てが難しくて苦戦中。

で、

ドイツ語に関して暮らしの中で経験した事(ほぼ失敗談、笑)や感じたこと書き出してみようかと思ったのよ。

誰かの役に立つかどうかは分からんが・・・。

どちらかというと、失敗だらけのドイツ語に対するおばさんの愚痴みたいなもん(笑)。

上手く話せるようになるまで色々書きまくる予定。

もしドイツ語の内容に間違いがあったり、他に良い言葉などがあったら是非コメントして欲しいな~。

誰でも分かっているような事でもアホみたく書くと思うので、それについてはスルーでお願いしますよ(笑)。

 

 

「Guten Tag!」さようなら!?

 

ここのところ毎日強い風が吹き、枯れ葉や木の実を落としていく。

ドイツの短い秋がまるで街を駆け抜けていくように感じる。

また暗い冬が来る~~~。

 

 

語学学校へまだ行ってなかった頃の話なんだけど、

森の緑が綺麗だったからそれをバックに自撮りしていたらいきなり男性に話しかけられた。

 

ドイツ語は全く分からなかったけどジェスチャーで「写真を撮ってあげましょうか?」的な事を言われたんだと、なんとな~く分かった。

 

で、

よくさぁ~、「写真を撮りましょうか?」って声を掛けられてカメラやスマホを渡すと盗られちゃう・・・って事が「海外」で検索すると出て来たりするよね?

それって怖い!と思っていたので声を掛けられた時に多分男性を変な顔で睨み付けていたかもしれない。疑いの眼差しで。

「人を見たら泥棒と思え」なんてことわざもあるじゃない(笑)。

 

それに、スマホで自撮りしてるのに声かけることに驚いたんだけど・・・これ以外に多い。

デュッセルドルフのライン川沿いで何回か声をかけられた。

ひとりの時は断るが、オットと一緒の時はいつの間にかオットがスマホを渡しちゃってる(汗)。

でも今のところみんないい人で良かったよ~(笑)。

 

あ、話がそれた。。。元へ。

声を掛けてくれた男性に写真を撮ってもらう事になった。(ここでもオットがね、笑)

 

そして撮り終わると男性は我々に向かって

「Guten Tag!」と言って去って行ったのだ。

 

え?今なんと?!

ぐ、グーテンターク?!って言ったよね?

それって「こんにちは」だよね?

ちょいと頭がパニック。

 

 

この時「さようなら」と言うドイツ語は

Auf Wiederehen! か、

Tschüss! しか知らなかった。

 

家に帰ってすぐに辞書で調べると・・・あったよ。

「Guten Tag!」さようなら!(昼間に別れる時に)

だって。

新しい言葉を覚えた瞬間(笑)。

 

ってことなので、別れ際に「Guten Tag!」と言われても驚かないように~。

 

 

おばさん(ドイツ語初級者)は相手が言った言葉と同じ言葉を返すようにしてる~。

例えば相手が Auf Wiederehen!と言ったらAuf Wiederehen!

Tschüss!と言ったらTschüss!って。

こっちから先に言うことがあまりないからね(笑)。

時々同じ言葉がでない時もあるけど(汗)。

 

 

ドイツ語の勉強の本に「Tschüss!」は バイバイの意味だから親しい間柄の人に使う・・・って書いてあったりするんだけど、

実際に生活していると初対面、年齢、公共の場所(役場、外国人局、郵便局等々)関係なく別れ際に「Tschüss!」を使う人が多いよ。

もちろんよく行くスーパーやデパートでも。

え?うちの町だけか?(笑)

 

 

だから「Auf Wiederehen!」を忘れちゃってとっさに出なかったりする(汗)。

 

因みに、電話でのさよならは Auf Wiederhören! だよ~。

ラジオでもこれ使ってるね。

 

 

ドイツにも日本の方言みたいなモノがあって地方で挨拶が違ったりするのよ。

ここは基本的な挨拶だけど、地獄の職場があった北ドイツでは「Moin moin! モインモイン」って可愛い挨拶だった。これ朝だけじゃなくて一日中使えるのがまたよかった♪

 

南ドイツだと「Grüß Gott! グリュースゴット 」「Grüß dich! グリュースディッヒ」 「Servusセアブス」が使われている。

テレビのドラマ見てるとこんな挨拶してるよね(笑)。

 

 

挨拶のことを書いているとまだまだ長くなりそうなので今回はこの辺で。

 

 

では、ドイツ語勉強中の皆さん、がんばろうね~!

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

 

『お知らせ』サイドバーの所に「お問い合わせフォーム」がありますがエラーで使えない状態です。今のところ原因が分からず直せません、ごめんなさい。もし、コメント以外で連絡を取りたい時にはお手数ですがコメント欄にお名前とメールアドレスを入れて「返信」とコメントに書いてください。こちらからメールします。お名前は皆さんに公開になっちゃいますが(;´Д`)

すみませんがよろしくお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

コメント

  1. Anne より:

    えっ?
    旅行の会話で私は「Guten Tag!」を知ってた!
    でも「こんにちは!」って!
    たぶん旅行会話ではこんにちは!だったような・・・
    もしかして「チャオ!」みたいな感じで使うのかな?
    イタリアで「チャオ」なら出会った時も分かれる時もどちらも使うし!

    そうそう、特にスペインとかフランスなんて絶対に撮って貰わない!
    ドイツ人も同じく思っていると思うよ!
    スペインのバレンシアでドイツ人の男性が私に「どこから来たのか」声をかけてきて
    「日本から」って言ったら私にカメラを渡して撮って欲しいって言った(*’▽’)
    日本人だからだよねー!

    でもその一人旅のドイツ人のおじさん、スペインでカメラを渡したくないのは同じ気持ちだろうに
    私のカメラで一人旅の私の「写真を撮りましょうか?」とは言ってくれなかった(;・∀・)
    自分が撮りたかった地中海バックの写真!
    私だって撮りたいよねえ?
    なんかドイツ人だなあ・・・って思った!

    これは私のドイツ人への思い込みかしら( *´艸`)?

    あと、オーストリアで若い子達が「Hallo」って声をかけてくれて
    てっきり外人だから英語で声をかけられたと勘違いした( ̄▽ ̄;)
    あとでドイツ語だと知ったよ(;^_^A

    • porori より:

      Anneさん、コメントありがとう~♪

      そうだよね~「こんにちは!」だけしか載ってないよね。
      だから言われた時 (´・ω・)? ってなっちゃった(笑)。
      あ、ドイツでも「チャオ!」って別れる時に結構使うよ~。

      海外ではもうね、身の回りの物全てに気を配ってないとすぐ盗まれちゃうからね。
      手から離れたらお終い。そう思っていた方がいいよ、残念だけど。
      手から離れなくてもリュックの中の財布盗られたけどね( ̄▽ ̄;)
      ドイツ人は自分中心だから(笑)。最近はそれっていいかも!って思う。
      それに、言えば親切にやってくれるのよ。
      ドイツ人てヨーロッパの中ではシャイな方だと感じるんだけど・・・私だけかなぁ?

      ドイツ語の「Hallo」はそのままカタカナ読みで「ハロー」だから発音が簡単でよく使う(笑)。
      挨拶だけでも色んな言葉があるよね・・・。
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ