ドイツ、なんてこったい・・・オットの職場は一体どうなっているんだ?

 

スポンサーリンク



 

 

 

今日はまとめて日記。

病院シリーズでバタバタしている間に起きた事で、その都度書けなかったからまとめて書いちゃうよ(笑)

 

内容はオットの職場の話なんだけど・・・

 

今年に入って同僚がみんな辞めてしまい、オットが1人でがんばっていたんだけど6月にいよいよ住込みの新人さんが登場。

その時の記事はこちら→

 

その後もバタバタしていたから彼女のことを書けなかったが

Sさんは何と19歳だった。若っ!

事情は詳しく分からないけど、スウェーデンからひとりで馬の仕事をしにドイツに来たらしい。

初めはホームシックにもなり上司が「辞めちゃうかな・・」って心配していたようだけど、次第に仕事にも慣れてがんばってくれていた。

オットとも英語で会話が出来るから仕事はスムーズにいく。

ありがたい。

 

 

彼女はワンルームに仮住まいをしているが我々が住む寮の2階の工事も終わりいよいよ引っ越しとなるので彼氏?と何日かかけて掃除もしていた。

 

で、職場がだいぶ落ち着いたせいか、「休みが少ない」という理由で働く人が来ないからか、それともただの気まぐれか?・・・9月からは日曜日に交代で午後から半休ということにもなりほんの少しだけ人並みに近づいた気がする(笑)

 

Sさんはドイツ語を習おうと思って事務員さんに付き添ってもらい学校に申し込みにも行ったらしい。

 

オットからの少ない情報を書き出すとこんな感じ。

 

 

 

そんなある日、

朝から寮の2階へバタバタと何人かが出入りしている。

どうやら部屋を片付けている様子。

 

お昼に帰って来たオットに聞いたら、明日新入社員が引っ越してくるんだって~!

え~、そんなことおばさんは聞いてないよ~。

 

当たり前じゃ、オットもこの日に初めて聞いたんだから(笑)

でも、それって一体どうなってるんじゃ?

 

まぁ、オットの同僚が増えるという事はいいことだ♪

前は寮の2階には同僚が2人住んでいたんだし。

 

 

次の日、

我々が語学学校から帰って来た夜の9時過ぎに寮の玄関前に大きな車が停まっていて、新入社員らしき人が荷物をひとりで2階へ運んでいるではないか・・・。

ドイツでは引っ越しの時に業者に頼むことは少ない。

殆どが自分で運ぶか、知り合いに手伝ってもらって運ぶ。

 

新人さんは自分で運んでいるようだ。

暗闇に止まっていた車をよく見ると、うちの会社の馬を運ぶ時使うトラックだった(笑)

 

挨拶をした後、オットが「手伝おうか?」と聞くと

「まだ荷物が沢山あって・・・お願いします。」と言われ我々も荷物運びに参加。

新人さんは明るくて感じのいい若い女性。

 

 

おばさんは荷物を持って2階に上がりびっくりした。

???

どうして?!

 

何に驚いたかというと、

新人さんが荷物を運びこんでいる部屋はSさんが一生懸命掃除をしていた部屋だったのだ~!

 

てっきりもうひとつの部屋に入るものと思っていたから、戸惑いながら荷物を運んだ。

何が起きた?

一体どうなってるんじゃ~???

 

荷物を運び終え、疲れていると思って「おやすみ~」って挨拶だけして部屋に戻る。

そしてオットに何故あの部屋に新人さんが入ったのか早速聞いてみると、案の定何も知らなかった(笑)

オットはSさんが部屋を掃除していたことも知らなかった。。。

 

で、

掃除をしていた話をするとオットは「そうなんだ・・・それで、何が問題?」って言った。

 

おいおい~、問題だよ。大問題だよ。

自分が掃除してこれから入ろうと思っている部屋を新人さんが使っちゃうんだよ~。

きっと寮に入ることを楽しみにしていたと思うし。

自分がこれをやられたら・・・

がっかりするよ。

 

そんな話をオットにすると

「そっか・・・。でも、何も聞いてないし・・・そこのところは会社とSさんが話し合って決めたんじゃないかな・・・」とな。

 

え?本当か?話し合ったかな??

どうやって話し合うんだ?

話し合ったって納得いかないだろう??

それとも納得いかせる理由があるのか?

 

習慣が違うせいか時々おばさんには理解できないことが起きる。

 

 

そして2日後、

オット 「Sさんが辞めるって言い出した・・・」

おばさん 「・・・。」

 

 

そして1週間後、

Sさんは会社を辞めて出て行ってしまった。

おばさん 「・・・。」

 

 

新人さんは仕事の契約が10月15日からだったけど、急遽仕事を始めた。

オットは同僚を失い、新人さんが慣れるまで

また振出しに戻る。。。

 

なんてこったい・・・。

 

 

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

今日も1日ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

Pocket