ドイツ、冷凍庫の霜取りをやってみた。

スポンサーリンク




 

 

 

3月27日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温11℃、最低1℃。

雨。

 

季節の変わり目になると起こる現象。

暑くなる前に「これやっておかないと~!あ、あれもやっておかないと~!」なんて普段見て見ぬふりをしていた用事達が「そろそろ、タイムリミットだどぉ~」と、おばさんを焦らせる。

 

慣れていることなら気合を入れてがんばって終わらせるけど、初めてのことは「うん・・・??」となり手をつけるまでに時間がかかってしまうのだ。。。

 

で、今回は冷凍庫の霜取りに挑戦した。

元々あまり大きくない冷凍庫が霜がついた事により一回り狭くなってしまったから(笑)

「挑戦」なんて大袈裟かもしれないけど・・・

ドイツで冷凍庫の霜取りは初めて。

 

日本では冷蔵庫に霜取りボタンがあり、それを押すとボコッと霜が取れた記憶があるんだけどね・・・。

ここの冷蔵庫にはそれがない。

因みにこの冷蔵庫は2016年の3月にここへ住む時に新しいシステムキッチンを付けてくれた時の物なので古くはない。

 

電源を切らなければいけないのなら、暑い夏にやるよりは今の方がいいのか?なんて思い決行。

 

朝6時に電源をOFFに。

 

朝のバタバタした用事を済ませ時計を見たら8時。

電源を切って2時間か・・・どうだ?取れるのか?

でも、今やらないと他のことをやり始めればすっかり忘れてしまう自信あり。

 

ま、何時間も放置すれば勝手に霜は解けてくれるのだろうけど。

冷蔵庫と冷凍庫の大事な食糧が心配・・・少なくしたけど(笑)

 

何で取るんだ?ヘラだよね?

で、適当な物を探す。

炒め物の時に使うフライパンが傷つかないというヘラを使用。

 

そのヘラで氷の塊をたたく。

硬くて取れないもんだと勝手に思い込み、かなりの力を込めた。

が、

そんな力を入れなくてもヘラで2,3回ザクザクッとやればボコッと簡単に取れる~。

 

あ、写真撮るの忘れた~!と、霜取り途中をパシャリ。

 

霜取りと冷凍庫の掃除があっという間に終わった♪

なんだ~こんなに簡単なら、とっととやればよかったな(笑)

 

それにしても、取れた霜はけっこうな量でドイツの小さめのシンクいっぱいになるほどだったよ~。

 

 

2018 ドイツ その他

すっきりした。

よし、これで夏はアイスが入れられる~♪

 

 

 

今回の冷凍庫の霜取りを簡単にまとめると、

① 電源を切る。

② 2時間経ったところでヘラで落とす。(時間はテキトー)

③ 落とした霜をかき出し掃除する。

④ 電源を入れる。

 

本当は説明書を読んでやればいいのだけど・・・

新しいシステムキッチンだから説明書がどっさりあるけど、何故か冷蔵庫の説明書がない。

冷蔵庫の組み立て方と取り付け方はあるんだけど・・・。

そんなのいらんわ~(笑)

 

 

 

 

↓↓いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

今日も1日ありがとう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

Pocket