【ドイツ移住あれこれ】歯の治療はドイツに来る前に。

2019 ドイツ その他 ドイツ移住あれこれ

スポンサーリンク



 

 

 

「ドイツ移住あれこれ」のコーナーだよ。

 

このコーナーは中年日本人夫婦が実際にドイツに移住して経験したことや感じたことを書いてます。

ドイツ語も出来ず、右も左も分からず・・・どん底にも落ちちゃって・・・そりゃもう正直大変だった。

自分たちの移住への準備や知識が足りなかっただけなんだけど(笑)。

海外生活、何が起きるかわかりましぇん~。

これから移住する人が楽しく快適に過ごせるように少しでも参考になればなぁ~と思ってます。

 

 

 

 

さて今回は、

 

スポンサーリンク

歯の治療はドイツに来る前に。

 

「ドイツの歯医者は健康保険が効かない」って事はググると出てくるからみんな知っていると思う。

正確には健康保険で出来る歯科治療が限られているという事。保険対象内の治療がかなり少ないから殆どの場合自己負担が発生する。

ただ、ドイツには法定健康保険(国民健康保険)とプライベート保険(個人保険)の2種類あり、うちは法定健康保険使用。

だからここに書かれていることはドイツでの法定健康保険に対しての内容になる。

申し訳ないがプライベート保険の内容に関してはよく分からないのだ・・・。

 

 

今回何故この記事を書こうと思ったかというと

今年の3月からオットは歯医者に通っている。

その事も詳しく書こうと思っていたがバタバタしてるし、自分の事ではないのでハッキリした治療内容が分からないのである。

オットはドイツ語と英語で会話してるらしいが、医療の専門用語は難しいらしく細かい内容までは理解出来ないらしい。

水曜と木曜は通訳さんがいるらしいが仕事の関係でその日に行けない。

 

で、

一番初めに奥歯を治したそうだがそれが約300€かかった。

次に前歯の治療になり・・・見積もりで2000€を超えたのだ・・・ひぇ~(汗)。

こんな大金、一括で払えんよ(涙)。

ということで6回払いの分割にしてもらった(笑)。

 

その後、今も他のところの治療がつづいていて合計が3000€を超える勢い。

怖ろしや~。

 

 

日本にいる時にオットに歯医者に行くように勧めていたのに、会社が休めないとか・・・仕事で疲れて行けないとか・・・。

それが、今になってこんな事になってるのだ(苦笑)。

 

おばさんは日本にいる時は定期的に歯医者に行ってたので(殆ど虫歯だったから、笑)今のところ何でもないが、歯は消耗品というか年齢的にも年々弱ってきてるるのは事実。

ドイツに来てから4年目だし。

そろそろ不具合が起きてもおかしくない(汗)。

でも・・・お金なくなっちゃったから今は行けないな。

 

 

ということで、こんな事にならないようにドイツへの移住を考えていたら歯の治療は日本で済ませておいた方がいいと思うのだ。

 

 

 

歯科治療追加保険。

 

ドイツは歯の治療にはお金が掛かる為に「歯科治療追加保険」なる物があるらしいよ~。

はっきり言って、おばさんにはまだ未知の世界(笑)。

 

だから具体的に紹介出来ないけど、検索していて思ったのだが・・・

保険と言うだけあってやはり年齢が若い方が掛け金が安いんだわ。

そりゃそうだ、歳をとれば身体のあちこちに不具合が起き、勿論歯だって同じ(笑)。

 

で、

詳しく分からないのに何が言いたいのかっていうと

移住前に歯医者に行って治療を済ませた人は、ドイツに来たらこの保険に入っておくのをお勧めすます~。

移住の時点で歯の治療(詰めたり、被せたり)をしているのだから、ドイツで生活しているうちに問題が起きないとも限らない。

 

問題が起きた時に「歯科治療追加保険に入ろう!」と決めても遅いと思うのよ~。

保険に入れないから。

今調べている保険には保証内容の所に「加入時に既に治療中、または治療が必要な状態になっているものは保証されない」と書いてある。

 

 

おばさん、この保険に入ろうかと検討してるところなんだけどねぇ・・・

「加入時に治療が必要になっている」って、歯医者に行って検査してもらって証明書などを保険会社に提出するのかな???

 

すると・・・

被せた歯が沢山あるからクリアー出来る気がしない。

保険に入っても保証されず・・・治療が始まってお金が必要になるって事よね・・・。

 

オットの話では、治療の時に「安いのもありますが見た目が悪いのと長持ちしないですがどうしますか?」と訊かれるそうだ。

折角治療するのだから長持ちした方がいいと思って高い方の物を使ってもらったらしい。

 

長持ちって・・・どのくらいだろう???

見た目って・・・。

 

それによっては安い方の物でもかまわないんだが・・・。

年齢的にも色々と悩ましい~(笑)。

そうな訳でおばさんは只今歯科治療追加保険は保留中。

 

 

ドイツで歯科治療にお金が掛かるって本当の話ってこと (;´Д`)

 

 

 

いつも応援ありがとう~お陰さまで踏ん張れます!

↓励みになるのでポチッとお願いします↓

ヨーロッパランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

今日も1日ありがとう。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. kiyomi matsuda より:

    こんにちは だいぶ涼しくなって過ごしやすくなりましたね

    ドイツの歯医者ってそんなにするんですね! 銀歯が取れて付け直してもらった時は10€ぐらいで済んだのですが、(この時は取れた銀歯を持参) 虫歯の治療で300€高すぎる!
    家は一応来る前に歯医者で治療すまして来たけど 歯磨きもっとしっかりしようと改めて思いました。
    何時も色々な情報ありがとうございます

    • porori より:

      kiyomi matsudaさん、コメントありがとう~♪

      ホント、涼しくて気持ちがいいです~うれしいですね~♪

      取れた銀歯を持参したのは良かったですね!それがあるとないとでは治療費が違うようです。
      オットも取れた銀歯を持参した時は11€しか掛かりませんでした。
      今回は奥歯を新たに治療したそうで・・・
      銀色の物での治療は保険が効くけど、歯の色に合わせた物だと高いそうです。
      で、それでも穴を埋めるだけだったらもう少し安かったと思うけど、被せる(王冠)にしなければならない状態だったので
      高くなってしまったんだと思います ( ̄▽ ̄;)
      当たり前だけど、とにかく虫歯が小さなうちに治療をした方が安いって事ですよね~。
      ほんと、その前に虫歯にならないように自己管理が必要ですね (;^_^A
      いつも応援ありがとうね~ヾ(*´エ`*)ノ