ドイツ語スカイプレッスンの教科書がインテグレーションコースの教科書に変わる。

スポンサーリンク




 

 

 

9月26日(火)

 

ドイツ Düsseldorf~近郊 最高気温20℃、最低10℃。

晴れ。

 

オットが有給のシフト表を持って帰って来た。

それを見て、今年もあと3ヶ月しかないのかと思って焦る。

ホント、1年経つのが早いこと~~~~。

 

 

最近は木曜日の午後1時から30分だけドイツ語のスカイプレッスンを受けている。

今までは夜1時間受けていたが、語学学校が始まったのっで無理のない時間と先生の都合のいい日に替えた。

 

教科書は「Delfin」を使っている。

だが、語学学校が始まって授業で解らない所を質問しても分かるように、先生も同じ教科書を持っている。

 

↓インテグレーションコースで使用している教科書。

2017 ドイツ その他

 

それが4月の終わりのことで、それから今まで何も言わなかったのだけど・・・

今月に入ってレッスンの時に「スカイプレッスンの教科書と、インテグレーションコースで使用している教科書、正直どのように思っていますか教えてください。」と言われた。

 

丁度オットと教科書について話していたところだったので驚いた。

盗聴されてるのか?なんて(笑)

 

おばさんはインテグレーションコースで使用している教科書の方がいいと思っていたわけで・・・

オットが「自分が感じていることを言えば。」と言っら、先生はその言葉に思わず喰い付いた(汗)

 

 

教科書の内容がどうのというよりも・・・

おばさんには2冊の教科書の勉強が全く追いつかない状態だった(苦笑)

このチャンスに教科書の違いを説明させてもらった。

 

「delfin」は文法中心で、それなりに覚えてはいくけれど・・・

「PLUSPUNKT DEUTSCH」の方は生活に密着した内容でその中に文法が組み込まれている。

 

 

どういう事かというと、「delfin」は夫婦や友達の会話の中に文法が組み込まれているのだが、その状況はそう年中ある事ではない。

 

それに比べて「PLUSPUNKT DEUTSCH」の方は自己紹介から始まり、日常生活にかかわる物が次々と題材になっているので、今までは銀行行くにしても買い物でも自分で調べないと分からなかったことが、授業で教えてもらえるのだ。

本当に生活に必要な単語を覚えていくことが出来る。

これってドイツで実際に暮らしていたらとても重要な事。

 

文法も大切だけど・・・

その前に暮らしに困らないドイツ語を身につけたいのよね~。

そんな訳で遠慮なく思っていることを先生に言ってみたところ凄く気になったらしく、休みの日に今まで目を通したことがなかった「PLUSPUNKT DEUTSCH」をじっくり研究したそうな!

 

そして次の週のレッスンの時には

先生 「PLUSPUNKT DEUTSCHを見直したら、ドイツ在住の生徒さんやこれからドイツで暮らすために勉強している生徒さんにはこちらの教科書の方がいいと思うのでこちらを使っていこうと思います。ドイツ語の試験が目標の人には今までの教科書で。」

そんな結論が出たらしい。

忙しくて教科書の研究などする時間が無い中、丁度違う教科書を使っているおばさん達がいたので聞いてみたようだ。

 

 

そして、「よかったら来週からPLUSPUNKT DEUTSCHでレッスンをしましょうか?」と尋ねてくれたので

願ったり叶ったりだったので即「よろしくお願いします!」と言った(笑)

 

 

人の意見を聞いてその事実を確認し、良いと思ったら即座に実行することが出来るって凄いな~と感じた。

 

まあ、仕事なので収入に結び付くって事が大きいからね。

経営者はいつでも色んなアンテナを張っているのだろう。

 

という事でスカイプレッスンの教科書が今週から「PLUSPUNKT DEUTSCH」になる。

 

月、火、水と語学学校で勉強して、木曜日にレッスンで解らなかったところをすぐに確認できそうなので嬉しい。

30分はあっという間だから質問を書き出しとかないと~!

 

勉強する教科書が一つ減ってホッとした。←キャパ狭すぎww

 

 

今日も一日ありがとう。

 

いつも応援ありがとう~お蔭さまで踏ん張れます!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

Pocket